Taste of Achar

ボリウッド映画とインド生活時の忘備録。。。

-Badhaai Ho/बधाई हो (2018)-

Bollywood No.014

Badhaai Ho (2018) 

f:id:hirobkk:20181021230558j:plain

2018.10.21 Major Cineplexにて鑑賞

Sui dhaaga鑑賞時にトレイラーを見て、作品内容とタイミングからして次はここかな~と思っていたら同日公開のNamaste Englandを押しのけて公開してくれました。
achar.pssamphran.com 

この2作品は今年のDUSSEHRA(毎年行われるヒンドゥー教の祭典の一つ)映画として公開され、どちらかといえばNamaste Londonの方がスターパワー(Arjun KapoorとParineeti Chopra)があるのですが、トレイラーを見る限り駄作の臭いがした為Namaste Londonがきたらパスする予定でした。

テキトーに解説

前半はコメディーシーンの連発!

各出演者が笑わせますが、その中で嫁Priyamvada(Neena Gupta) と姑Dadi(Surekha Sikri)、旦那Jeet(Gajraj Rao)の立ち位置、Nakul(Ayushmann Khurrana)とガールフレンドであるRenee(Sanya Malhotra)の関係が何となくわかるようになってます。

そしてDadiにキツイ言葉をぶつけられたPriyamvadaを夫(Jeet)が慰めてからある事件が起こりそれから家族関係から何から何までごちゃごちゃになっていきます。。。。

 

見終わった感想ですが、祖母Dadiの言葉が家族の問題を一気に解決してしまったな。。。と思いました。。。

やはり婆は強しです!

 

Cast

Ayushmann Khurrana as Nakul Kaushik

f:id:hirobkk:20181021233748j:plain

 Chandigarh(パンジャーブ州/ハリヤーナー州両方の州都を兼ねています)出身の36歳。もう中堅どころになってきましたね。

あまり彼の映画は見たことないのですが、よくArjun Kapoorと映画祭のホストで出てきて軽快にトークしているイメージがあります。TVのショー番組出身なのでトーク慣れしており話がうまい!

また彼はマスコミュニケーションで大学の修士も持ってます。

彼を見るのはHawaizaada(2015)以来ですが出演自体多くありません。

代表作はもちろんデビュー作Vicky Donor(2012)

因みに奥さんは作家のTahira Kashyap

 

Sanya Malhotra as Renee Sharma

f:id:hirobkk:20181021233948j:plain

Dangal(2016)Aamir Khanの娘役を演じました。

あまりよく知りません。。。

ダンスコンテスト出身のようですが、、、、。

美人でダンスも上手いのでこれから頑張って下さい。

 

Gajraj Rao as Jeetender Kaushik

f:id:hirobkk:20181021234125j:plain

いい味出してました。

しゃべらずとも雰囲気と挙動で笑わせます。

何本か出演作を見ているようですが彼がでていた覚えがありません。

 

Neena Gupta as Priyamvada Kaushik

f:id:hirobkk:20181021234346j:plain

ちょっとアンバランスでした。

演技の問題ではないですが、キツイ目つきで気が強そうな雰囲気を出しているにも関わらず姑のDadiに言われっぱなしで落ち込んでいる事が多かったです。まあそれが発端でこの映画の核がでてくるのですが、、、。

米国アカデミー賞受賞作"Gandhi(1982)/Richard Attenborough監督"の出演者です。

 

Surekha Sikri as Dadi

f:id:hirobkk:20181021234547j:plain

口を開けば毒を吐く!と言った役でした。

いろいろな家族の問題を終盤一喝してまとめてしまいます。

その際、Priyamvadaへの毒吐きは彼女の器量を試していた、嫁はどんなに文句を言われても自分へのケアや尊敬の念を忘れなかったと嫁の事を笑う親戚連中を黙らせます。

個人的な見方ですが前半の毒を吐いている時に一瞬Dadiの眼がPriyamvadaを観察するように鋭くなっていたように感じました。これが終盤に繋がっている演技なのかなと。。。

元々舞台を中心に活躍している女優さんです。

Sarfarosh (1999)

Zubeidaa (2001)

Mr. and Mrs. Iyer (2003)

等の良作にも出演してますが映画の出演は12年ぶりだそうです。

 

Mr. and Mrs. Iyer (2003)

出番は多くなかったですが、これが本当に同じ役者さんかと思うくらい雰囲気が違います。やはりいい女優さんです。

ご高齢ですがまだまだ頑張っていただきたい!

f:id:hirobkk:20181024141921j:plain

 

Music Scene

ほぼストーリー中の挿入歌程度でした。

唯一エンドロール直前に流れるMorni Bankeのみダンスが入ります。

主演二人の結婚式からエンディングにつながる曲なので出演者がノリノリで踊りまくります。

Morni Banke


Guru Randhawa: Morni Banke Video | Badhaai Ho | Tanishk Bagchi | Neha Kakkar | Ayushmann K, Sanya M

 

Location

DelhiとMumbai近郊が主な撮影地です。

Nakulの住居はLodhi Colonyらしいですが、New Delhi駅くらいしかわかりませんでしたが。。。。

 

まとめ

演技力のあるキャスト達が楽しく演技をしている映画です。

重すぎないコンセプトを軸にストーリーを組み立てており誰でも楽しめる映画なんですね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

-DOR/डोर (2006)-

Bollywood No.013

DOR (2006) 

f:id:hirobkk:20181014154817j:plain

DVD鑑賞

3回目の鑑賞になります。

最初はインド、2回目は第20回東京国際映画祭(2007)で鑑賞。

DVDはだいぶ前にインドで買って持ってましたが一度も見た事なかったんですね。。。

※第20回東京国際映画祭(2007)の時の前売り券

f:id:hirobkk:20181014161157j:plain

テキトーに解説 

ダンスや派手な曲は多くありません。ストーリー上多少入ってはおりますが。。。

それぞれ離れた土地に住む両主人公 Meera(Ayesha Takia)Zeenat(Gul Panag)が、サウジアラビアに出稼ぎに出たお互いの夫の問題を通して繋がります。

ZeenatはサウジアラビアでMeeraの夫を誤って殺してしまった為(Zeenztは夫の無罪を信じている)に死刑を宣告された自分の夫を救うためにHimachal Pradesh州からRajasthan州へMeeraに会いに行きます。(サウジアラビアの法律では亡くなった夫の妻が許せば無罪となる)

この辺りはロードムービーの様相があり移動中の景色は素晴らしいです。

映画の時間が短い(約2時間)せいかZeenatはBahuroopiya(Shreyas Talpade)の助けもあり以外とあっさりMeeraを探し当てます。

Meeraと出会ったあとはヒンドゥー教徒寡婦問題についてイスラム教徒であるZeenatが疑問を持つなど社会的な部分を軽く入れてます。映画の中で寡婦問題についてはっきりとメッセージがないように感じましたが最終的に寡婦としてのMeeraの背中を押して彼女の問題を解決したのが根っからのヒンドゥー教徒であろう亡き夫の祖母であったのが印象的です。

 

Cast

Gul Panag as Zeenat

f:id:hirobkk:20181016122818j:plain

Ayesha Takiaとのダブル主演でしたがどちらかと言えばZeenat目線の映画だと感じました。二人の演技はまずまず。。。

撮影では一人だけヒマーチャルプラディーシュとラジャスタンでロケをしており温暖差が激しくラジャスタンでの撮影は大変だったようです。しかし幼少期に軍人である父の転勤により14回転校を繰り返していた経験があるようなので気候の変化には慣れてますね。

大学は生まれ故郷のパンジャーブ州に戻りパンジャーブ大学で修士までとりました。(産まれと修士はChandigarhですが大学の学士はPatiala)討論のコンペで何度か賞をとるほどの才女だったみたいですね。

1999年のMiss Indiaからモデルー女優としてのキャリアがスタート。

2003年のDhoopでデビュー

2005年にはJurmで何とBobbyと共演

achar.pssamphran.com

そしてこのDORに繋がります。

その後も年に2本ペースくらいで出演してますがあまりパッとしません。

インド在住の方はまず目にしていると思いますが、自分が住んでいた2006-2009は映画よりAamir Khanと共演していた" TATA SKY "のCMイメージが以上に強いです。

奇しくも劇中でZeenatの夫の名前はAamir Khan

目元が綺麗で好きな女優さんですがこのDOR以外で薦められる作品はありません。

 

Ayesha Takia as Meera

f:id:hirobkk:20181016123454p:plain

Rajasthanには住んだことはないですが数か月滞在したことがあります。今回のロケーションであるJhodpurに行ったことはないですが、近郊のBikanerPushkar等には行きました。自分の記憶ではこのような雰囲気のRajasthaniを見た記憶がありません。化粧ナシで頑張っていましたがややミスキャストの感があります。

やはり彼女はこのゴージャスな雰囲気を生かしてラブコメディ路線がいいのではと思います。

2009年に結婚し2011年以降は半引退状態。

Shaadi No. 1(2005)で見てかわいらしい女優さんだと思ってましたが、その後の出演はほぼ同じような役(マルチキャストで何人かいるヒロインの一人)です。Ayesha Takiaのキャリアベストも今作と言っていいでしょう。

 

主演クラスではなかったですがSalaam-E-Ishq(2007)のAyesha Takiaは良かったですね。No Smoking(2007)もいい映画でしたが....

f:id:hirobkk:20181016180205j:plain
f:id:hirobkk:20181016180210j:plain

 

Shreyas Talpade as Bahuroopiya

f:id:hirobkk:20181016123638p:plain

この映画の後、先日レポートしたOm Shanti Om(2007)でメインストリームに昇りつめます。 

achar.pssamphran.com 

DORと同年公開のApna Sapna Money Money (2006)で今後に続くキャラクターを確立しました。

2018年にBhaiaji Superhitが公開されますがタイではアナウンスすらされませんでした。。。共演はSunny Deol , Preity Zinta , Ameesha Patel , Arshad Warsi , Sanjay Mishra , Pankaj Tripathi とひと昔前のスターメンバーですがなかなか面白そうです。

LocationはVaranasi

f:id:hirobkk:20181016220922j:plain

 

Nagesh Kukunoor as Chopra / Director

f:id:hirobkk:20181016184121j:plain

DORまでの監督作ほぼ全てでカメオ出演してます。

普段は人懐っこい顔してますが作中のMr.Chopraは嫌らしい顔して演じてましたね。

この監督、この映画までラジャスタンとヒマーチャルプラディーシュに行ったことがなかったそうです。

Ayesh Takiaを8x10 Tasveer(2009)、Shreyas TalpadeをIqbal(2005)で起用してます。

 

Music Scene

音楽はSalim-Sulaiman

伝統的ラジャスタンスタイルに作曲し映画の雰囲気に合った音楽をつくりました。

 

Yeh Honsla


Yeh Honsla Song from Dor.mp4

やはり秀逸!パキスタンの歌手Shafqat Amanat Aliが雰囲気よく歌い上げます。

 

Location

Salooni(Chamba district)

Zeenatの暮らしているヒマーチャルプラディーシュの山村

自分が暮らしていたChambaから45kmと近いです。ゆっくり滞在したことはないですが友人の実家に行く途中に2度ほど立ち寄った事があります。映画では完全など田舎風景しか映ってませんが銀行やレストランなどもありそこそこ栄えてます。

この辺りはどこもこんな感じなんですよね。。。広大な山岳風景がどこまでも続きます。

Yeh Honslaの中でZeeratが休憩中に見下ろす湖は恐らくChamera Lake/रहस्यवादी नाव क्रूज डलहौजीでしょう。SalooniからPUNJABを抜けてRAJASTHANに行くには必ず通ります。自分も何度となく出かけた場所であり本当に懐かしいです。

 

Jodhpur

ラジャスタンでは数か所で撮影されましたが、主な撮影地はJodhpur周辺だそうです。

 

有名観光地で世界中の観光客が訪れますが自分は行ったことがないのであまり思い入れはなし。。

 

まとめ

いい映画なんですが時間が短いせいか一つ一つのプロセスに端折り感が残ります。

しかしロケーションは素晴らしく 各登場人物の雰囲気も大まかいいです。

Gul Panagの最初で最後の名演が見れる貴重な作品!

ラジャスターン好きにおススメの1本!

f:id:hirobkk:20181014161430j:plain
f:id:hirobkk:20181014161434j:plain

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

-SUI DHAAGA / सुई धागा: मेड इन इंडिया (2018)-

Bollywood No.012

SUI DHAAGA (2018)

f:id:hirobkk:20181001011500j:plain
公開週に劇場鑑賞

前の週に公開されたShahid Kapoor主演のBatti Gul Meter Chaluも見たかったのですがスルーして本作を見に行きました。

結果を言えば大当たり!!!この年一番の映画です。

公開週最初の日曜だったため80%ぐらい入ってました。

f:id:hirobkk:20181001160046j:plain

テキトーに解説

Varun  DhawanAnushka Sharma主演

当初はRanbir Kapoorに話が行ったそうですがVarunに落ち着きました。

 

両親と奥さんのMamta(Anushka Sharma)と4人暮らしのMauji(Varun  Dhawan)

勤め先のミシン販売店のオーナー親子に犬のように扱われていますが、毎日笑顔で通勤してます。自分の現状に満足がいっていないため妻のMamtaには指一本触れてません。

ある日ミシン店息子の結婚式で両親と女房にオーナー家族から犬のような扱いを受けているところを見られてしまいます・・・・Mamtaは夫の姿を観て涙します。。。

これをきっかけにMaujiは仕立て屋として独立していくことに。。。

 

身内に裏切られたり、お母さんの手術代を稼ぐためにやりたくない事に手を付けたりと紆余曲折ありますが、いつもMamtaがMaujiを支えます。

 

途中Maujiが務める工場で縫製された服が中国製と表示されてました。

Maujiが上司に尋ねると「だれがインド製なんか買うんだ!」と言われ。。。

このことをきっかけにMaujiはインド製のいい服を作ることを心に誓います。

 

多くの笑いの中に涙もあり

事業に成功し始めた時にMamtaの手を握って歩くシーンや最後にMaujiの両親がステージを歩くシーンなどは本当に涙モノ。。。

 

糸を染めて巻くシーンでは12年前Amritsarに滞在していたときに会った職人さんを思い出させます。

f:id:hirobkk:20181002233214j:plain

撮影*Amritsar (2007)

 

Cast

 Varun Dhawan as Mauji

f:id:hirobkk:20181001233441j:plain

この役を当時のRanbir Kapoorにやられていたらたまりませんでした。。

Varun Dhawan....いい顔するようになりましたね。

Dilwale(2015),Badrinath Ki Dulhania(2017)など楽しめる作品にはでてますが、前作のOctober(2018)辺りからいい演技をしてますね。

キャリアベストの演技でしょう。

 

Anushka Sharma as Mamta

f:id:hirobkk:20181001233454j:plain

まだ30歳ですが落ち着いた演技をしてました。Maujiを献身的に支える妻を見事に演じており、最後のモデルウォーキングシーンは流石の貫禄。

Rab Ne Bana Di Jodi(2008)の時はまだ20歳だったんですね。

Varun Dhawanとの相性もよさそうでいい夫婦でした。

同年の年末は SRKと Katrina Kaifと共演の"Zero"

Jab Tak Hai Jaan(2012)の3人が揃います、期待作ですが監督はYash Chopraではありません。

 

Raghubir Yadav as Mauji's father

f:id:hirobkk:20181001235655j:plain

似たような役柄が多いですが、この方もインドの名優。

しばらく見ないうちにかなり老けた印象がありますが演技は流石です。

サポートロールが多いですがMeenaxi: A Tale of Three Cities(2004)では主演をはりました。

 

Shrikant Verma as Palteram

f:id:hirobkk:20181002003357j:plain

彼の発見についてはちょっと難易度が高かったですね。

映画の終盤まで後ろ頭と声のみでの登場でした、全くわからずVinay Pathak(監督とはBheja Fryシリーズで主演と脚本の関係)かな?と思ったら彼でした。完全なシークレットキャラだったのでどんな大物かと思ったら。。。この映画の監督であるSharat Katariyaの前作Dum Laga Ke Haisha (2015)に登場してるのが縁ですね。

 

Namit Das as Guddu

f:id:hirobkk:20181002003944j:plain

お調子モンをテンション高く演じてました。

ストーリー上、悪に近い役柄でしたが彼もよかったです。

因みに主人公Maujiの母を演じたYamini Dasとは実の親子。父はガザル歌手のChandan Dass

 

Music Scene

音楽はAnu Malik

パクリものも多いですが、数々の良作も手掛けてるレジェンドです。

ダンスシーンはありませんが映画の雰囲気にあったいい曲が揃ってます。

 

Khatar Patar


Khatar Patar Song | Sui Dhaaga - Made In India | Anushka Sharma | Varun Dhawan | Papon

テンポのいい明るい曲。

Singer のPaponもDum Laga Ke HaishaでSharat Katariya監督と仕事をしてます。
その際"Moh Moh Ke Dhage"で数々の賞に輝きました。彼はGuwahati(Assamu州)出身なんですね。めずらしい。。。

 

Sui Dhaaga


Lyrical: Sui Dhaaga Title Song | Varun Dhawan | Anushka Sharma | Anu Malik | Varun Grover

この曲も秀逸!

SingerのDivya Kumar は音楽一家出です。

祖父はインドの各地各言語で活躍、お父さんはHimesh Reshamiyyaなどの一流のプロデューサーと仕事をしてます。

 

Location

主にChanderi(Madhya Pradesh),Bopal(Gujarat),Delhiで撮影されました。

この中でChanderiだけは行ったことがありません。

全体的に住宅街や屋外はBopalとChanderiでの撮影で、Delhiでは布市場の撮影がされてますがその他はよくわかりません。

映画などでみるかぎりChanderiはきれいな街のようですね。いや~すごく行ってみたくなりました。

 

まとめ

コンセプト、演技が素晴らしい。

Hindustantimesでの評価は低いみたいで結構な言われようです。

この映画のいいところはMaujiファミリーの人柄のおかげか『悪』がいないところです、ミシン店ファミリーやGudduなどの意地悪系キャラはいましたが。。。

 

ひとつおしいと感じたところは最後のところです。

最後のコンペティションがちょっと派手すぎたなあと思いました。オチがある為外国人を入れたかったんでしょうけど。。。。

このMaujiファミリーと仲間たちはドラマのシリーズとして毎週見ていられそうですね。

とにかく必見! 機会がある方は是非見ていただきたい!

f:id:hirobkk:20181001160050j:plain

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

Kay Kay Menon(ケー・ケー・メーナン)

Bollywood Star file.3

Kay Kay Menon

フルネームはKrishna Kumar Menon。

現在54歳 南インド, ケララ州生まれのプネー育ち。

f:id:hirobkk:20200820112214j:plain

優秀な個性派俳優!うちの女房も大好きなKay Kay。

経歴

大学でマーケティングMBAを取得し、俳優になる前は広告業界で働いていました。

舞台俳優としてスタートしMahatma Vs Gandhi(1998)/director : Feroz Abbas Khan.

でGandhi役のNaseeruddin Shahと親子役(Harilal Gandhi 役)という大役でブレイクします。

舞台でNaseeruddin Shahの相手役とはかなり評価が高かったんですねえ。。

 

Feroz Abbas Khanは同じテーマで日本でも公開された映画Gandhi, My Father(2007)をとってます。

因みに今の奥さんであるNivedita Bhattacharya(舞台女優)とはこの劇場で出会ってます。

 

ボリウッドデヴュー

映画デヴューと同時期にTVシリーズでも活躍しましたが、彼をメジャーにしたのは実質ボリウッドデヴュー作となる

『Bhopal Express(1999)』

f:id:hirobkk:20200821193136j:plain

ここで主演を務め、サポートに舞台で共演したNaseeruddin ShahとVijay Raazが登場。重厚なテーマの映画で3人とも好演してました。

初めてKay Kayを目にしたのもこの作品。

 

 

2000年代初頭からコンスタントに出演をしてますが、運が悪いのか?社会問題になりそうな脚本を選んでいたのか?わかりませんが毎回公開までに躓きます。

 

ブレイク

そして2005年・・・

彼の名前をメジャーにした作品・・・

『Sarkar(2005)』

f:id:hirobkk:20200825123016j:plain

インド版ゴッドファーザーと言われており、ストーリーも似たところが多い。

Kay Kayはゴッドファーザーに置き換えればソニー・コルレオーネ(ジェームズ・カーン)を演じてますが作品の中での役割はかなり違います。

この後のキャリアをみているから言えますが、まさにハマリ役であり彼のキレた演技の真骨頂がでてます。

 

本作で初のFilmfare賞にノミネート *いまは無きBest Performance in a Negative Role(悪役賞)

 

Sarkarでブレイクした後は映画への出演ペースが一気に上がります!

なんでもOKして出演しているように思えますが、デビューから一貫して社会問題を扱ったドラマにはコンスタントに出続けてます。

 

出演作のカテゴリー

出演作はだいたい3つに分けられます。

①社会派ドラマ

Black Friday(2004)---1993年のボンベイ連続爆破テロ

Corporate(2006)---商品を売る為には何でもする飲料会社の裏側がテーマ

Shaurya(2008)---トム・クルーズ主演A Few Good Men(1992)のパクリ

 

②切れ気味の超個性的な役

Drona(2008)---インド神話ベースにしたヒーロー映画で主人公を上回るインパクトを残す悪役

ABCD: Any Body Can Dance(2013)---ダンスコンテスト物、主人公に対抗するダンスチームのカリスマダンスコーチ

Haider(2014)---ベースはシェイクスピアハムレット、主人公の叔父役。とにかくキレまくっておりキャリアベストの一つとなる好演!

 

③大人のコメディ

Bheja Fry 2(2011)---爆笑コメディの続編、主人公を中心に周りが適度に干渉して笑いを巻き起こす。コテコテのボリウッドコメディとは違いアート系コメディと言えるでしょう。

Chaalis Chouraasi(2014)---マフィアの金を騙し取る為に集まった4人の一人、ここでもNaseeruddin Shahと共演。4人の個性は俳優の掛け合いが流石。

 

以上は自分が劇場で見たKay Kay映画で印象に残ったもの、彼の出演作を全ては見ていないのでまだまだ興味深い作品はあると思います。

 

絶頂期!Filmfare Award受賞

既に触れてますが、順調にキャリアを続けてきたKay Kay、2014年のHaiderで最初にFilmfare Awardを受賞(Best Supporting Actor)!

文句なしでしょう、それほ演技がキレてました。当時悪役賞が:続いていればダブル受賞もあったのではないかと思わせる存在感!

 

その後。。。。

Haiderで演技の上ではボリウッドの頂点に立ちましたがKay Kayはぶれません!

一貫して自分が出るべき作品をしっかり選んで、ブレイク前と変わらないスタイルで出演を続けてます。

 

最新作は『3Dev』

f:id:hirobkk:20200826123753j:plain

2018年に映画は出来上がっているようですが、未だ公開に至っておりません。

コメディなのですがインド神に関わる映画なのでいろいろと引っかかっているのかな。。

トレイラーを見る限りなかなか面白そうな映画で配役も曲者がでてるので是非公開にこぎつけてほしい。。。

 

Kay Kay Menon 必見の3本!

出演作は約60本!

半分位しかみておらず、その中でも印象に残った作品はそこまで多くありません。それでもこれだけ存在感があり、インド映画をそれほどみていないうちの女房でさえも気に入ってしまうKay Kay...作品によっては強烈なインパクトがありその数本のイメージだけで彼への評価が高まります。

 

作品のヒットには関わらず、まさにKay Kayといった演技をしている作品から3本紹介します。

 

Haider(2014)

f:id:hirobkk:20200826124820j:plain

シャーヒド・カプールがキャリアベストの演技をしたことでタッブー、イルファンと名優が揃い素晴らしい作品となりました。

Maqbool (2003) - Omkara (2006)とヴィシャール・バールドワージ監督のシェイクスピアインスパイア作品をリアルタイムに見てきた自分としてはこの流れの集大成を見た感があります。

唯一シュラッダー・カプールの演技にはケチがついているようですが、ここに彼女を配役することでやる気を感じます。確かに周りの俳優陣と比べるとひとり違う世界にいた感がありますが、では誰ならよかったのか?となります。

背景がカシミールである以上ある程度しぼられてしまい、他の監督ならソーナム・カプールなんかを入れて失敗しそうです。。

 

Kay Kayの悪役振りは最高! 

インテリの策略家といった感じからスタートし、最後は自分はこの世の王みたいに徐々に盛り上げていく自己演出がすばらしい!

シェイクスピアハムレットが原案となっており日本人にも比較的とっつきやすい作品。Kay Kayの演技を含めてまさに必見の作品!

 

Dorona(2008)

f:id:hirobkk:20200826132215j:plain

2008年10月。。。

事前のプロモーションが派手だったため、トレイラーを目にしない日はありませんでした。流石に気にはなっていたので友人の息子を連れKolkataの New Empireで鑑賞。劇場は超満員で盛り上がってましたが、鑑賞後に残ったのはKay Kayのキャラクターとプリヤンカ・チョープラーの美しさのみ。。

インド神話をベースにした子供向け映画といった印象。。その証拠に友人の長男は楽しんでくれました。

Kay Kayの役どころはHaider同様に主人公の親の仇、もちろんHaiderとは全く異なった雰囲気の作品の為、演じたキャラクターも違うもの。

流石にこのメンバーではKay Kayは突出してます。

この時のアビシェークは演技派というよりコメディや汚れ役もやるマルチ俳優のような方向に向かっており、プリヤンカは既に一定の人気はありましたが演技を評価されるのはこの年のDiwali映画『Fashion(2008)』になります。

以前にも記載しましたが、Kay Kayは半分遊んでおり気楽にやりたいように演技していたように見えます。それに比べて二人は真面目に頑張ってるんですが完全にKay Kayにくわれてますね。

映画は当然Flopに終わってます。

 

ABCD: Any Body Can Dance(2013)

f:id:hirobkk:20200826144549j:plain

レモ・デスーザ監督

プラブデーヴァ主演、ガネーシュ・アーチャーリヤ共演

3大?カリスマ振付師が集結したダンスコンテスト映画。

当時の風潮から映画はヒット!

個人的には全く興味がなく休日に時間がたっぷりあったので見に行ってしまった作品。

その為Kay Kayが出演していることを知らず、最初の登場シーンで「ん!? あなたは一体ここで何をしているのだ?」と。。。

なんとカリスマダンス教師役で一人の有望株にセクハラスペシャルレッスンを施すのがお仕事。。

一切冗談は言わず真面目に悪態をつきながらダンスをコーチングするKay Kayが見もの。Kay Kayを楽しむにはKay Kay上級者コースですが作品自体はそれなりに楽しいので見て損はないでしょう。

 

その他にも

Hazaaron Khwaishein Aisi(2003)
Life in a... Metro(2007)
Sankat City(2009)

など質のいい作品に出演してますが、Kay Kay個人を見た場合好演はしているが特にツッコミ所がないので選からは漏れます。

f:id:hirobkk:20200826161459j:plain
f:id:hirobkk:20200826161504j:plain
f:id:hirobkk:20200826161507j:plain

 

総評

最近は出演ペースが落ちてきましたが、突然おかしなことをやる俳優さんなので目が離せません。

基本はコソ泥、ACP(警察副長官)、軍の階級持ちの3パターンなのですが。。。

 

単独主演映画はほとんどなく主演の対抗や多数の俳優が出演している中の一人として出ることが多いです。しかしKay Kayの場合共演者も魅力的な役者が多いので作品全体でみると楽しめる物がほとんど。

まだキャリアは続きますのでHaider , Doronaの時のようなキレ役をもう一度見たいですね!

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

.にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

-Om Shanti Om / ओम शांति ओम(2007)-

Bollywood No.011

Om Shanti Om (2007) 

f:id:hirobkk:20180916114313j:plain

 

2007年にパンジャーブ州バティンダで鑑賞。

2007年のDiwali上映でこの年のNo.1ヒットでしたが、当時あまり観る気になりませんでした。たまたまBathindaに住む友人を訪ねた際、友人の家族と観に行きました。

Farah Khan渾身の一作!

人脈を生かしたオールスターキャストで本職のダンスシーンも素晴らしいです!

が、未だにこの映画に対していい評価が付けられません。

やはり人によって好みってあるんですね。

 

テキトーに解説

既に日本で上映され日本語版のDVDもあるようですね。

主演のSharukh KhanのDiwali映画は通算13本あるそうで,

この映画は前年のDon(2006)に続いてのDiwali上映。

親友であるArjun Rampal共演で現在はトップスターに成長したDeepika Padukoneのデヴュー作になります。

内容は説明不要ですね、日本語字幕版を多くの方がみていると思うので、その方たちは自分よりはるかに内容を理解していると思います。

ただしこの映画は殆どのボリウッド映画に含まれている過去の映画やボリウッドスター、過去の映画にの名物キャラクターを知らないと100%楽しめない部分が多くあります。

それらは作中の映画賞やダンスシーンで何度も出てきますね。

例えばSholay(1984)の超悪役として有名なGabbar Singh(Amjad Khan)は2大主演のVeeru(Dharmendra)とJai(Amitabh Bachchan)より有名で、多くの映画でその名前だけは出てきます。映画中で「ガッバル・シン」と言われてもこの悪役の名を知らねばなんのこっちゃかわかりません。

また、その時代の俳優同士の関係なども知っていれば尚、楽しめます。

Gabbar Singh

f:id:hirobkk:20180925012105j:plain

 

細かい映画の内容は省きます、日本語で見れるようなので観てください。

 

Cast

Shah Rukh Khan(SRK) as Om Prakash Makhija/Om Kapoor

f:id:hirobkk:20180926234722j:plain

2007年はこの映画とChak De! Indiaの2本に主演。

2作品でFilmfareのBest ActorにノミネートされChak De! Indiaで受賞しました。

現在までFilmfareはBest Actorで25回のノミネート(Amitabh Bachchanの32回に次ぐ歴代2位)、受賞はDilip Kumarと同数の8回で歴代1位を誇る誰もが知るSuper Duper Starです。 

自分は特に贔屓にしている俳優ではないのですが、やはりシゃールクの作品は観てしまいますね。何を演じても絵になります。

デリーのメインバザール辺りで映画の話をしているとよくインド人の映画好き達は「シシャールクは数年前までその辺を歩いていたんだ!彼は映画系カースト出身でなく庶民出のスーパースター!」と自慢げに話されたのを思い出します。

映画製作会社Red Chillies Entertainment(妻:Gauri Khanと)、インドプレミアリーグKolkata Knight Riders(実業家Jay Mehtaと妻:往年のTOP女優Juhi Chawlaと共同)オーナーを務めてます。

SRKの映画を上げていたらキリがないので、シリアス系で好演をした3本をご紹介

Swades(2004) *Filmfare Award for Best Actor受賞

f:id:hirobkk:20180930232734j:plain

Nasaの職員として働いていたSRKが故郷に戻りいろいろな村の問題を解決していくドラマ。農村の教育問題などにも触れている社会的な部分にも触れています。

個人的には娯楽作品以外ではSRKのベスト演技だと思います。

相手役のGayatri Joshi(ガヤートリー・ジョーシー)はこの映画でデビューし高い評価を受けましたが、翌年OBEROI REALTYの富豪VIKAS OBEROIと結婚してさっさと引退しちゃいました。美人で演技力もあったので次回作を期待していたのですが残念です。

その他のサブキャストもすばらしい。

特にRajesh Vivek(Nivaaran役)Daya Shankar Pandey(Melaram役)がいい。

二人ともこの映画の監督であるAshutosh Gowariker監督作品の常連です。

 

Darr(1993) *Filmfare Award for Best Performance in a Negative Roleノミネート

f:id:hirobkk:20180930232748j:plain

SRKの初期作品。ヒロインのJuhi Chawlaをストーカーし最後はSunny Deolに血みどろにされ成敗されてしまいます。今では悪役をすることはほぼないですが、当時はこの後に続くAnjaam(1994)など血みどろになり最後は成敗される役などもこなしてました。SRK節がよく出ている作品で今となってはなかなかみれないSRKのストーカー演技が見れます。*近年Fan(2016)一人二役こなし片方はストーカー役でしたが、雰囲気はだいぶ違います。

 

Mohabbatein(2000) *Filmfare Award for Best Actorノミネート

f:id:hirobkk:20180930232811j:plain

SRKとAmitabh Bachchanの無言の戦いが素晴らしい。

若いスター候補が数多く出演しておりますが、現在までに生き残っているのはJimmy Shergillくらいでしょうか。Uday Chopraは俳優引退を宣言してますがDoomシリーズがあれば復帰するでしょう。

SRKの演技は素晴らしかったですがショーレースはこの年デビューしたHrithik Roshan(Kaho Naa Pyaar Hai)に阻まれました。

 

Deepika Padukone as Shantipriya/Sandy

f:id:hirobkk:20180926234834j:plain

本作でデビュー

最初からオーラがありダンスもかなりうまいです。

この年辺りからデヴュー初年度で踊れる俳優が増えてきました。

彼女はその中でもぴか一ですね。

最近はSanjay Leela Bhansali映画にレギュラー出演してます。

Arjun Rampal as Mukesh Mehra

f:id:hirobkk:20180926234919j:plain

本作では重要な役をこなしておりましたが好演と呼ぶには程遠い。。

それまでの出演作でもルックスは良いけど(俳優業の前はファッションモデル)大根役者に近かったです。彼の好演をみるのはこの作品の翌年公開のRock On(2008)まで待たねばなりません。

おすすめではないですが"Vaada(2005)"は暇なら見てもいいでしょう。シリアスな映画の終盤のシリアスな場面でZayed Khanと二人でドタバタコメディをやります。(二人はいたって真面目に演技してますが。。。)映画は当然フロップ。。。。

 

Shreyas Talpade as Pappu Master

f:id:hirobkk:20180926234958j:plain

今回は適役でしたね。

彼の雰囲気が良くでてました。

SRKの隣を演じるのに相性どうかとおもいましたがうまくやってましたね。

この後演じるGolmaalシリーズに役立ったでしょうね。

その後年に数本出演し順調にキャリアを進めてますが、今だIqbal(2005) , Dor(2006)での演技を超えられていません。

 

Music Scene

本作ではかなり重要なパートで気合いも入ってました。

DirectorはVishal-ShekharのDuo

この時期の二人なら間違いありません。

予想通りすべての音楽が良作!

因みに二人は映画の中でもチョイ役で出演してます。

 

Dard-e-Disco

やはりSukhwinder Singhの歌声はいい!

この為にSRKは6パックを作ってきました。


Dard E Disco Full Video HD Song | Om Shanti Om | ShahRukh Khan

 

Deewangi Deewangi

個人的に曲は大したことないと思いますが、これだけ豪華な音楽シーンが過去にあったでしょうか? 総勢約30名のスターが出ています。

当時の勢いそのままにRani Mukerjiかトップでスタートします。

achar.pssamphran.com

 

次に小物ではありますが2番手にZayed Khan。。これはFarah Khan監督の第一作目Main Hoon Na(2004)がらみでしょう。

そして4番手にJeetendraTussharの Kapoor親子。当時69歳のはずですが息子のTussharよりはるかにノリノリでリズム感もいいです。

6番手にSilpa Shetty。やはり流石です、他の出演者とは動きが一味違います。

その後、Karisma Kapoor、Juhi Chawla、Kajol、Preity Zintaと過去にSRKとBest Jodiを組んだ女優陣が登場。

そして来ましたBobbyの登場!Preityとの登場ですが、このメンバーに入れただけでもうれしい! 

achar.pssamphran.com

 

そして目玉
Salman Khan、Saif Ali Khan、Sanjay Duttの登場

ちょっとSaifは格が落ちるような気はしますがSRKとの関係上アップグレードできました。実際Salman,Sanjay,SRKの間に入っていける同年代の俳優といったらArmir Khan,Hrithik Roshan,Anil Kapoorくらいでしょうか。。。
そして何故か最後にLara Duttaが合流。体のサイズ的には申し分ないですが、やはり格が落ちます。大柄な女優を入れたかったんでしょうけど他にいないんですよね。途中で登場しましたが、この際ここはRekhaで良かったんじゃないかと。。。

因みに自分の持っているLimited EditionのDVDは2枚組になっており付属DVDがあります。その中のビデオメイキングシーンでSalmanとSanjayがNG出しまくってて面白かったです。たぶん二人ともぶっつけ本番だったんでしょう。

このダンス曲は約9分に渡りますが当然SRKは出ずっぱりです。

この撮影後数年はSRKはお返しの為、出演してくれた俳優の主演作にゲスト出演を数本行っています。


Deewangi Deewangi Full Video Song (HD) Om Shanti Om | Shahrukh Khan

 

その他、Akshay KumarAbhishek Bachchanなど多数カメオ出演してます。 

 

Location

ほぼMunbaiのFilm Studio,Film Cityで撮影。

 

まとめ 

インドの映画館で見た時は今一つと感じてましたが、改めてみるとやはりできのいい娯楽映画でした。音楽やダンス、出演者の豪華さはすばらしく日本版を見れる方は必見でしょう。

 

今回はDVD Limited Editionで鑑賞

f:id:hirobkk:20180930223110j:plain
f:id:hirobkk:20180930223126j:plain

 

DVD2枚組(本編+Bonus)+SRKポスター+冊子+western unionの広告付きの豪華版です。

f:id:hirobkk:20180930223115j:plain

f:id:hirobkk:20180930223122j:plain
f:id:hirobkk:20180930223118j:plain

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 

 

-Race3 / रेस 3 (2018)-

Bollywood No.010

Race 3 (2018) 

f:id:hirobkk:20180619173912j:plain

18JUL2018 Major Cineplexで鑑賞

 

先日特集したBobby Deolの出演作。

主役ではないですがなかなか重要な役を演じており涙がでそうになりました。。。。 

achar.pssamphran.com

 

EidのSalman映画で、前年のTubelightは久しぶりりコケましたが本作はどうでしょう?

www.pssamphran.com

 

テキトーに解説

本作もSalmanのセルフプロデュース。いろいろ新しい事を取り入れておりなかなか楽しかったです。

シリーズ前2作とは関連性はなく連続出演しているのはAnil KapoorとJacqueline Fernandez(Race2から)。

 

当初は前2作と同様にAbbas–Mustan監督/Saif Ali Khan主演で進んでましたが、Tips(制作会社)のRamesh TauraniがシリーズにSalman Khanを引き込もうとしたそうです。

これに対してSalmanがいくつかの変更を条件に同意し、監督がAbbas–Mustan⇒売れっ子コレオグラファーRemo D'Souza 、主演がSaif Ali Khan⇒Salman本人!に変更して制作されました。

 

ストーリーはいつものように多くは語れませんが、家族内の利権、嫉妬、家族愛などがコンセプトとなってます。タイトルのRaceとは生まれた時、出会った時からそれぞれのRaceは始まっているみたいなとこからきているようです。

 

各キャラの登場シーンではそれぞれ個性的な登場でした。

特にSikander Singh(Salman) Yash(Bobby)は自分たちでこれがやりたい!って自分で企画したんじゃないかな?

Sikander Singhの登場は☟

f:id:hirobkk:20180619191924j:plain

 

Yash

バイクで銃撃戦に乱入⇒バイクに乗ったままジャンプ⇒バイクジャンプ中にバック中降りをしますが、その際ダブルハンドで銃も連射して敵を打倒してるので1action with 2position入ってます。

ボビーはここが一番かっこよかった。

 

当初はShamsher Singh(Anil Kapoor)を中心に主要キャストがまとまっていましたが、Jessica(Jacqueline Fernandez)登場以降、それぞれの関係性がゴチャゴチャしていき最後のどんでん返しが。。。。

とにかく結末に近づいていくにつれ人々の思惑、真相がめまぐるしく変化します。

 

Cast

Salman Khan as Sikander Singh

f:id:hirobkk:20180620115345j:plain

冒頭で書いたように今回はこの映画を好きなようにできるポジションにいます。

フライングスーツは滑稽であり、アクションも中途半端(前作Tiger Zinda Haiの後だけに見劣りします)、Eidとstar powerでこの映画をHitに持って行くでしょう。

それでもインド人にはしびれるシーンがいくつもありました、残念なとこは登場シーンをもう少しためてほしかった。。。ちょろちょろと顔が出てきておりイマイチです、皆あの場面でSalmanがでてくるのは解っているのでドーンと登場してほしかったですね。

 

Ani Kapoor as Shamsher Singh

f:id:hirobkk:20180620115408j:plain

前2作との関連性は全くなし!一族のドンとして家族を仕切りますが最後はセコイところも。。。ここは前作を引き継いでますね。

個人的にこの映画ではベストの一人です。

Filmfare Award ノミネート16回、受賞6回 80年代中盤から2000年くらいまでのBollywoodを代表するスーパースターです。

Bollywoodでの活躍を知らない方でもSlumdog Millionaire(2009) "みのもんた" のポジションを演じた事で知られています。

Slumdog Millionaireの成功によりハリウッドでの仕事もこなすようになりました。

Mission: Impossible – Ghost Protocol(2011)での出演(ちょい役)ではトム・クルーズとの絡みはありませんでした。

 

Bobby Deol as Yash Singh

f:id:hirobkk:20180620115425j:plain

さて、ボビーの登場です。

とにかくかなり重要な役を与えられていたのでうれしい限りです。

最後はなんとSalmanとの格闘もあります、、、。

体はまあまあ作ってきましたが90年代にやっていたアクション演技と大差ありません、ここは流石ボビーです。

最後は人の良さも手伝ってSalmanに命を助けられました。

しかし単独のダンスシーンがあるなどかなり露出が多くファンとしては本当にうれしい限り。

この人、本当にいい人なんでしょうね。トップ俳優からもよくイジられ、インタビューの感触もいい(ギャグもいいますがまずスベります)。まだまだ頑張ってほしい、できることならもう一度単独主演で!

 

Daisy Shah as Sanjana Singh

f:id:hirobkk:20180620115430j:plain

Jai ho(2014)でヒロインをやっていたときはとにかく顔と体のバランスが悪いなあ~と感じていたのですが今作ではいくらか改善されてましたね。

アクションで頑張ってましたが特にナシ。。顔は可愛らしく結構好きなんですけどね。。

 

Saqib Saleem as Suraj Singh

f:id:hirobkk:20180620115501j:plain

ゴチャゴチャ文句ばかり言っており完全に小物感がでてました。

Daisy同様アクション頑張ってましたが特にナシ

 

Jacqueline Fernandez as Jessica

f:id:hirobkk:20180620115515j:plain

一応この映画のヒロイン。

Shamsher Singhを追うインターポールの潜入捜査官として一族みんなに絡んでいきます。マーシャルアーツの訓練をして臨みましたがアクションがぎこちないですね。。

Sanjanaとの格闘シーンはスピード感がなく動きもチープでした。

SalmanとはKick(2004)で共演

 

Sharat Saxena as Raghu Chacha

f:id:hirobkk:20180620115530j:plain

キャリア40年の大ベテラン

何でもこなしますが悪役、コメディが多いですね。

多くのスーパースターと多くの映画を共にしており、

ボリウッドになくてはならないロールアクターの一人。

今作でも渋い演技をしています。

序盤のカーアクションでのハンドルワークがイカしてます。

 

Freddy Daruwala as Rana

f:id:hirobkk:20180620115541j:plain

 本来はほうっておいていいような出演時間と扱いでしたが、この人はもっとやれると思うんですよね~?

序盤Shamsher Singhに殺されたかと思うと、途中Yashの携帯に"Rana"に着信があり存在を匂わせます。最後は満を持して登場したかと思うとあっさりSalmanに敗退。。。

通所のインタビューなんかを観てると人が好さそうなんでそこがダメなんですかね。

Daisy Shahもそうですが、珍しくグジャラート映画に出演してますがこの人グジャラート出身なんですね。

 

Music Scene

Party Chale On

Mika Singhが歌うノリノリのナンバル。


Party Chale On Song Video - Race 3 | Salman Khan | Mika Singh, Iulia Vantur | Vicky-Hardik

 

Selfish

劇中いくつかのバージョンがあり、そのうちの一つがボビー、Daisyのロマンスバージョンがあります。背景もよくロマンティックな設定なんですが相変わらずボビーは間の抜けた表情で踊ってます。


Selfish Song Video - Race 3 | Salman Khan, Bobby, Jacqueline | Atif Aslam, Iulia Vantur | Vishal

この"Selfish"を含め今回は2,3曲ですがSalmanが自ら作詞。

 

Location

多数箇所で撮影したと思われます。

解る範囲で劇中カンボジアと言われていたシーン、SalmanとBobbyがスーパーカーで銀行へ行くシーンです。

これは間違いなくBangkokのImpact Arenaです。突っ込みますが周りの建物に思いっきりタイ語が書かれており、ビルにはタイの国旗が掲揚されてました。

またMusic SceneではSamphran River SideのRose Garden、水上マーケットが使われており、Salmanが裏切られカンボジア軍に捕獲されていたジャングルはKanchanaburi

昨年SalmanのSNSでタイにJacqueline Fernandezと来ていることを知り"Race3"の撮影であることがすぐにわかりました。詳しくはどこで撮影しているのかわかりませんでしたが自宅の目と鼻の先(Samphran River)だったんですね。。ボビーに会いたかった。。。

タイ以外ではAbu Dhabi(一家の居住地)が多いと思われます。

砂漠のシーンはRajasthanとAbu Dhabiで撮ってるみたいですね。

I found loveは全編Ladakh雪景色の撮影の為4月だったそうですがスリランカ人のJacquelineにはきつかったですね。


I Found Love Song Video - Race 3 | Salman Khan, Jacqueline | Vishal Mishra | Bollywood Song 2018

 

まとめ

主要キャストの立ち位置がいろいろ変わり、しまいにSikander、、、実は全て何年も前から全て知っていたのだ!みたいな乱暴な話にしておりツッコミどころが多いですが、実際は野暮な話です。

インドに長くいたことのある方は解ると思いますがAnil Kapoor,Sharat Saxena,Bobby Deolあたりがでてる以上、ツッコミどころがあり古臭さがあるところがいいのです。

最後にAnil Kapoorが刑務所内で署長相手に賄賂交渉をする横でBobbyが必死に腕立て。。。なんじゃこりゃ?って感じですが、もしかしたらこのキャストでパート4があるのかな?

期待しましょう。。。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村