Taste of Achar

ボリウッド映画とインド生活時の忘備録。。。

-Bichhoo/बिच्छू (2000)-

Bollywood No.021

-Bichhoo/बिच्छू(2000)-

f:id:hirobkk:20190805145738j:plain
-自宅にてDVD鑑賞-

DVDのパッケージを見せた瞬間に女房が嫌な顔をします。。。

「これからボビー見る気なのか。。」といった表情。。

女房はボビーに興味ないですが、ラニーは好きなので若い時のRani MukerjiがでておりJean RenoのLeonをボリウッド風にした(完パクリ)映画である!(女房:Jean Reno/Leon→知らない!)と無理やりスタート!

 

この映画はすでに別の記事紹介済ですが、 

achar.pssamphran.com

 

 Léon: The Professional(1994/France)のバッタもんです。

f:id:hirobkk:20190805171722j:plain

監督:Luc Besson

出演:Jean Reno
     Gary Oldman
     Natalie Portman
     Danny Aiello

日本でも大ヒットした映画で、自分も劇場鑑賞しました。

グランブルーでLuc BessonとJean Renoはちょこっと知っている程度でしたが、Danny Aielloが見たくて行ったんですね。

Danny Aielloはこちらがおススメ。

Once Around(1991)

f:id:hirobkk:20190805175250j:plain

 生歌でシナトラのナンバーを披露してます。

テキトーに解説

ツッコミどころはすでにBobbyの記事で突っ込んでおり、ストーリーはほぼLeonの話にちょいちょいサイドストーリーが入ってるだけなので特に書くことはありません。

 

 Cast

Bobby Deol as Jeeva

f:id:hirobkk:20190807203219j:plain

演技力がどうこうは置いておいて、一応真面目に仕事をしてます。

最初は無口な殺し屋としてJean Renoっぽく演じてますが、暗殺の仕方がヒジョーに雑で一人を始末するのに1,000人くらいに目撃されてます。ビルの上からライフルで撃ってんだから一発で仕留めなきゃ。。。

この映画ではほぼLEONをパクッて演じてますので特筆すべきはダンスシーンになります。

やはりこのダンスを出さないわけにはいきません。

Ekwari Tak Le


Ekwari Tak Le [Full Song] Bichhoo

まだKiran(Malaika Arora)との熱愛中とはいえ、とてもその後殺し屋になる男の顔ではありません。やはりこの辺がBobbyとBichhooの魅力でしょうか。できればJean RenoにBichhoo/Bobbyの逆リメイクに挑戦してほしい。彼もなかなかのコメディアンなので旨い事やるでしょうが、Bobbyのようにノリノリで踊れるか?

 

意外にも、Bobby Deol主演作を紹介するのは初めてでした。

紹介済の出演作は下記の2本。 

achar.pssamphran.com 

achar.pssamphran.com

 

 

Rani Mukherji as Kiran Bali

f:id:hirobkk:20190807203315p:plain

なんとRani主演作も紹介していませんでした。

👇これだけだったとは。。。30作は見ているはずですが最近全然みてなかったんですね。 

achar.pssamphran.com

 

ボリウッドデヴューして4年目ほど経ってましたが、子供の演技を意識しすぎましたかね。すでに大物との共演も複数回こなしBadal(2000),Kuch Kuch Hota Hai(1998)でもいい演技をしていた後なのでちょっと物足りませんでした。が、当時22歳なのに13-14くらいの演技をさせられたのですからこんなもんか。。

ダンスシーンなどではっきりわかりますが、この時期のRaniはちょっとふくよか、お腹周りが特に。。。。

Raniの出演作を語るには別記したほうが良さそうなので、デヴューから2000年代前半の作品で3本を紹介。

Raja Ki Aayegi Baraat(1996)

f:id:hirobkk:20190807212241j:plain

ボリウッドデヴュー作

ベンガル映画では父(Ram Mukherjee)の監督作に出演経験あり

当時、KOLKATAの映画館で鑑賞しRaniにも会ってしまったという思い深い映画なんです。

クライマックスを前にトイレが我慢できず駆け込んだところ、なぜかトイレの扉の外側についていた鍵を閉じられ、地元の子供集団に上からしこたま水を放水されるということがあり、最後を観るために2度見に行きました。

共演のShadaab Khan(父はSholayで伝説の悪役Gabbar Singhを演じたAmjad Khan)とのダブルデヴュー作。

当時サントラのカセットテープを買い、未だに保管してあります。

 Chalte Chalte (2003)

f:id:hirobkk:20190808205919j:plain

SRK共演のラブコメディ

トラック野郎と帰国子女でデザイナーというカップルの物語。

Jatin-Lalit と Aadesh Shrivastavaの音楽が素晴らしい!

 

Black (2005)

f:id:hirobkk:20190808210644j:plain

Amitabh Bachchan共演でキスシーンもあります。

娯楽作ではなく、先天性の障害者とその教師を描いた名作です。

当時、同じような職に就いていたためAmitabh Bachchan(教師)が障害者のRaniに殴られた仕返しに殴り返すシーンはなかなか強烈!

51st Filmfare Awardsでは史上最多タイの11部門受賞。ノミネート全部門受賞のオマケつき!

Filmfare史上主要4部門(Best Movie, Best Director, Best Actor and Best Actress)を制した作品は他に4作しかありません。 

とにかく涙なしには見れません!!

 

Ashish Vidyarthi as Devraj Khatri

f:id:hirobkk:20190807203447j:plain

一般的にはとってもショーもない作品と評価されてますが、この人の演技だけは抜群でした。もともと悪役が多いかったですが、コソ泥みたいなちょい悪ぐらいだったのです。しかし本作では完全悪を見事演じます。とにかく切れっぷりがすごい!

オリジナルのGary Oldmanももちろん素晴らしいのですが、本作でのベストは間違いなくAshish Vidyarthiです。

キャリア序盤はヒンドゥー語がメインでしたが、2000年代中盤からはカンナダ、タミール、ベンガリテルグ語映画が多くなりました。キャリアで11言語の映画に出演してます。

Bobby DeolとはBadal(2000)でも共演し、Bobbyの師匠役を好演!

 

Music Scene

すでに強烈な印象を放っている2曲は紹介スミなので、追加でこの1曲。

Pyaar Ho Na Jaaye


Pyaar Ho Na Jaaye [Full Song] Bichhoo

暗殺依頼の話をしている最中Kiranが行方不明!JeevaがKiranを探して街中を捜し歩くときのMusicです。

特筆はchoreographerの奇才、若き日のGanesh Acharyaがタージマハルをバックに踊るシーン

 

Location

主にCape Town , Delhi , Agra , Mauritius

Cape Town以外の3都市は主にMusic Sceneでの撮影。

しかしこんなしょうもない映画を撮影するのに南アフリカやモーリシャスまで行ってたのね。。

まとめ

2014年にBobby続投で【Bichhoo 2】がアナウンスされましたが未だ実現してません。やる必要はないでしょう。。。ストーリー特筆すべき部分はありませんが、Leonからのパクリを比較したり、ダンスシーンで楽しむことができます。おかしなところは沢山ありますが、アクション/スリラーとして十分見れる映画なので機会がある方は是非、ご鑑賞ください。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

-Bharat/भारत (2019)-

Bollywood No.020

-Bharat/भारत (2019)-

f:id:hirobkk:20190616215029j:plain

16JUN'2019

-ICON CINECONICにて鑑賞-

 

2019年のEIDもSalman Khanです。

hirobkk.hatenablog.com

EID映画を劇場鑑賞するのは我が家の恒例。

今年で7年連続。

Chennai Express(2013)
Kick(2014)
Bajrangi Bhaijaan(2015)
Sultan(2016)
Tubelight (2017)
Race3(2018)

2013年のChennai Express以外は全てSalman主演

hirobkk.hatenablog.com

achar.pssamphran.com

 

しかし現在のところ本作が最後のEid映画になります。

まさかこの時、新型ウィルスで2続けてEidに映画が見れなくなるとは思いもよりませんでした。

テキトーに解説

ストーリーは1947年印パ分離から始まります。。。

インド史に興味がある方であれば、まずはこの印パ分離から入るでしょう。

映画のロケーションとなるパンジャーブは独立時ラドクリフラインが引かれた地です。

ラドクリフライン---印パ分離の国境線、このラドクリフラインは独立当日まで公表されなかったため大混乱をまねいたそうです。独立当日、ムスリムパキスタンへ、ヒンドゥーはインドへと移動をしますが、すでに宗教問題が爆発しておりお互いに異教徒を生きて帰すな!と大虐殺が行われました。詳しくは印パ分離を調べればいろいろ出てくるはずです。

主人公のBharatは家族と共に現パキスタン(Laholeだったかな?)で暮らしています。

冒頭でBharatは学校で先生達の話しを盗み聞きし、印パ独立を迎え国境周辺が大混乱していることを知ります。

Bharatは家に帰り鉄道員をしている父Gautam(Jackie Shroff)にその事を伝えますが、

父は笑ってそんなことはない、国境駅はいたって平和だよ!とBharatをたしなめます。

そこへ駅に1本の電話が、、、父の顔色が変わり汽車が駅に到着。。。。

汽車はほぼ満席で埋まっていたと考えられますが、生存者はいません。。

全員国境通過前にヒンドゥー教徒に虐殺をされていたのです。

その光景を見て父はBharatの話が真実だと知ります。

インド人であるBharat一家は急いでインド行の汽車に乗り込もうとしますが、すでに駅はカオス。

アクシデントが重なり最終的にインドに避難できたのはBharat,と母(Sonali Kulkarni),弟,妹の4人。

父と妹のGudiya は汽車に乗れませんでした。。

別れ際に父はBharatにデリーの姉の店で待つよう、そして必ず家族一緒に暮らすように伝えます。。

が、父にはパキスタンの暴動がすぐそこまで来てました。。。

 

実際の光景(1947)

f:id:hirobkk:20190618144624j:plain

これが悪名高き【避難/殺戮列車】で本作でも悲惨な描き方をしてました。

この場面を描いた作品としては Gadar(2001)が有名

Gadar(2001)

f:id:hirobkk:20190617191653j:plain

Gadarでは無敵のSunny Deolがヒロインを救出しましたが、

今回その立場になるBharatはまだ子供、父はただの鉄道員でそのような力は持っておりません。

 

こちらの小説も参考になります。

Midnight's Children/Salman Rushdie

奇しくも作者のサルマン・ラシュディ氏は1947年分離独立の2か月前ににインドで産まれています。

真夜中の子供たち〈上〉 (Hayakawa Novels)
真夜中の子供たち〈上〉 (Hayakawa Novels)
 

Midnight's Children(2012) 

こちらは映画の方

Deepa Mehtaによって映画化されました。

f:id:hirobkk:20190618145655j:plain

 

デリーに到着したBharat一家は叔母の店に世話になり、Bharatは家族を支える為あらゆることをします。

そして17年後の1964年青年となったBharat(Salman Khan)はサーカスのスターとして家族を支えていました。サーカスではRadha(Disha Patani)と恋仲にもなりましたが、弟の事故を機にサーカスを去ります。

 

1970年代

さらに金を稼ぐべく石油の発掘作業員の面接に向かいます。

面接時、チーフエンジニアのKumud(Katrina Kaif)に名前を聞かれた再、

「Bharat」と返答。

苗字を聞かれたところでこの映画の名言が飛び出します。

Bharatという名前がインド人であることを表している、この名前があるだけで充分だと、幼いころ父に言われている。

因みに父の苗字はKumarです。この名からヒンドゥー教徒であることもわかります。

Bharat---インド人によるインドの呼称。インド人がBharatと名乗る事でインドを意味する。

いろいろすったもんだありBharatはKumudど共にサウジアラビアの石油掘削に向かいます。。。

当然、当地でBharatとKumudは恋に落ちるのですが、BharatはKumudの求婚を拒否。。

その理由とは、、、

この辺がちょっとわからなかったのですが、結婚によって父との約束(家族が一緒にいること)が守れなくなるみたいな感じでした。

そしてVISAの期限切れ、妹の結婚式を機にBharatはインドへ戻ります。

妹の結婚式に参加していたBharatをKumudが突然訪れます。

Kumudは結婚はしないでかまわないので二人の関係を続けていこうと決心してきたのです。。。

 

そしてKumudが新しく就いた仕事をきっかけにBharatによるパキスタンに残していった父と妹探しが始まるのです。。。

ここから先は涙なしで見られません。。。。。

 

不覚にも終盤は感極まってしまいました。

隣に居たインド人夫婦も奥さんは平気な顔してましたが、旦那さんは号泣!

この映画は男性の方がグッとくるんですかね。。

 

Cast

Salman Khan as Barat

f:id:hirobkk:20190622114444j:plain

最近のSalmanモノに近い役でした。

Bajrangi Bhaijaan(2015)

f:id:hirobkk:20190622174048j:plain

同じくパキスタンとの国境モノ

この作品でも劇場で涙腺を緩ましてしまったんです。。。

Tubelight(2017)

f:id:hirobkk:20190622174102j:plain

こちらは中国国境モノ

hirobkk.hatenablog.com

 

流石にKatrinaとの相性はいいですね。

次回作は年末の【Dabangg3】

監督がPrabhu Devaになるのでダンスシーンがとうなるのか見ものです。

 

Katrina Kaif as Kumud Raina

f:id:hirobkk:20190622230834j:plain

いや~今回は良かったんじゃないですか?

個人的に彼女の演技やダンスの評価は低いんですが、今作は良かったと思います。

Salmanと違い出ずっぱりではなかったですが、キャリアベストに近いと思います。

今年はこれ1本だけ次回作は

Rohit Shetty監督/Akshay Kumar共演のSooryavanshi

Rohit ShettyにAkshay Kumarですからド派手アクション+コメディみたいな感じかな?

Salman同様Filmfare Awardにはあまり縁がありません、ノミネート3回で意外にも受賞歴はありません!

おススメ3本!

前述の通り演技の評価は低いのでKatrinaが出演している中でって事ね。

Jab Tak Hai Jaan(2012)

f:id:hirobkk:20190622233301j:plain

Yash Chopra最後の監督作。

ひじょうに美しい映画ですが、Katrinaのダンスはなかなか酷い。。。

演技が悪くはなかったですが、SRKとAnushka Sharmaが上を言ってました。

当時劇場に3回通ってしまいました。。。

 

Zindagi Na Milegi Dobara(2011)

f:id:hirobkk:20190622233953j:plain

出番は多くなかったですが、この映画のKatrinaは本当に美しい。。。

インドではあまりないロードムービー

男性陣3人の演技がすばらしく、作品もよくできています。

 

Mere Brother Ki Dulhan(2011)

f:id:hirobkk:20190622234229j:plain

HITはしませんでしたが個人的に好きなので。。。

オープニングでImran Khanが珍しくノリノリで踊ってます。


Mere Brother Ki Dulhan - Full Title Song | Imran Khan | Katrina Kaif | Ali Zafar | KK

半分おバカ映画ですが、なかなか楽しめます。

Ali Zafar(パキスタン俳優)のおバカ度は必見!

印パ問題で2016年以降出演できてません。。。

 

Jackie Shroff as Gautam Kuma

f:id:hirobkk:20190622235422j:plain

序盤と終盤にちょろっと出ただけですが雰囲気は抜群に良かったです。

90年代~2000年代初めのトップスター

今は息子のTigerが活躍してます。

 

Sunil Grover as Vilayti Khan

f:id:hirobkk:20190623000143j:plain

本作のベストはこの人です。

本職はコメディアンですのではまり役ではありますが。。。

 

その他、Tabu , Sonali Kulkarniの一世代前の美人女優を登場します。

 

Music Scene

特に印象に残る曲はなかったんですが、しいて言えば。。。


Full Video: Aithey Aa | Bharat | Salman Khan,Katrina Kaif |Vishal & Shekhar ft. Akasa, Neeti, Kamaal

Katrinaにはこんな感じで踊らせてあげたいですね。。

もうおかしなヒップホップ風の振り付けはやめてあげてください!

 

Location

アブダビ、スペイン、マルタ、パンジャブ、デリーですが、最後にBharat一家がたどり着くAttari(パンジャーブ州)が印象的です。

Samjhauta Express(印パ友好列車)のインド側の最終駅。ここから先は両国の情勢次第でオープン/クローズを繰り返してます。

 

まとめ

本作はOde to My Father (2014)という韓国映画のオフィシャルリメイク作。

オリジナルは未見ですので機会があれば見てみたいですね。

 

元々ヒロインはPriyanka Chopraでしたが、Nick Jonesとの婚約準備の為降板してます。 

撮影前のキャンセルですからギリギリOKですかね。

 

EIDのSalmanモノに基本外れはないですが、昨年ズッコケた分今年は気合いれてきました。ストーリー等とても興味深いテーマですのでチャンスがあれば是非見ていただきたい! 印パ分離の歴史を少し知っておくとより楽しめます、というか泣けます。。。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

-Kabhi Khushi Kabhie Gham.../कभी खुशी कभी ग़म (2001)-

Bollywood No.019

Kabhi Khushi Kabhie Gham.../कभी खुशी कभी ग़म (2001)

f:id:hirobkk:20190512191221j:plain

 

日本では第15回東京国際映画祭で登場。

自分はその2年後、第17回東京国際映画祭で初めてみました。

この年の東京国際は韓国や中国映画でも魅力的な作品が多くほぼ映画館に入り浸っており計20作品ほど見た覚えがあります。

 

当時の邦題はKabhi Khushi Kabhie Gham...「時に喜び、時に悲しみ」と直訳ではありますがいい題名を付けていました。

それが2008年某社配給で上映された際「家族の四季」と訳の分からん題名をつけられてました。旧邦題が使えなかったようですが、もうちょっとなんとかならんかなあ~と思いましたね。

日本でも公開されDVDも出ているようなので観られている日本人の方が多いと思います。どのような評価をされているかわかりませんが、ボリウッドにおいて一度は観なければならない映画の一つではあります。

インド在住時、ケーブルテレビの普及によって1年に3回位は観ていたのですが、

未だに泣き所ではうるっときてしまい、実にいい映画だと思わされます。

 

 

テキトーに解説

日本語版もでており恥ずかしくて解説などできません。

簡単あらすじのみ。。。

この映画は大富豪Raichand家の物語です。

主人Yashvardhan(Amitabh Bachchan)

妻Nandini(Jaya Bachchan)

長男Rahul(Shah Rukh Khan)

次男Rohan(Hrithik Roshan /Kavish Majmudar )

ナニーSayeeda(Farida Jalal)

 

物語はRohanが寄宿学校から戻ってきたところから始まります。

家に帰る前に祖母に会いに行ったRohanは兄Rahulが実は血のつながった兄弟ではない事、あることを理由に家を出ていかなくてはいけなくなった事を知らされます。

そして回想シーンへ

Rahulはロンドンでの留学を終え帰国。

そこで待っていたのは父の会社でのビジネスと親同士がきめた幼馴染Naina(Rani Mukerji)と結婚だった。

しかしRahulはあるきっかけで知り合ったAnjali(Kajol)と恋に落ち、いろいろあった結果勝手に結婚をしてしまう。(このプロセスは非常に重要ですが端折ります)

Yashvardhanは期待を裏切ったRahulを許せず「お前はもううちの子ではない!」と勘当してしまいます。

この時Rohanは既に寄宿学校に入っていた為、兄が家をでていく本当の理由は知らず。。。

そしてRahulはAnjaliとともに家をでます。

その時Anjaliは義父に認められていない結婚とはいえ、「まだプラナー(ヒンドゥーの最上級の敬意)を済ませてない!」とぐずります。。。

しかしそんなことが許されないのはRahulもNandiniもわかっており、二人を見たAnjaliも不可能であることを悟ります。

そして、成長し全てを知ったRohanは再び家族を一つに戻そうと行動します。

 

ここからが後半。

まずは二人の居所を知る為、Sayeedaの娘Rukhsaar(Simone Singh)を訪ねます。

そして二人とSayeeda、Anjaliの妹でRohanの幼少期の友人であるPoojaがロンドンで暮らしていることを知る。

 

Rohanはなんとか父を説得しロンドン留学に成功。

そして舞台はロンドンへ。

ロンドンの大学では成長したPooja(Kareena Kapoor)が学園でブイブイいわせてます。

※この時のkareenaはまさにはまり役!

そこへRohanが現れますがPoojaは目の前のイケメンがRohanだと気が付きません。

幼少期のRohanは太っており現在のイケメンでクールな人物とはかけ離れているのです。

しかしRohanは幼少期にやりとりしたある言葉を発する事で早々とPoojaにネタバラシをします。Poojaの協力を経てなんとかRahulに近づこうって事なんですね。

予定通りRahul宅へ居候をする事に成功するRohan

ここでRahulへ名乗る名前は「Yash」

ここででてくるYashは監督Karan Joharの父Yash Joharと父同然の存在であるYash Chopraからオマージュされてます。

因みにKranは当初二人の義理の娘の話で進めていたそうですが、Aditya Chopra(Yash Chopraの長男でありRani Mukerjiのご主人)のアドバイスにより二人の兄弟に変更しました。

 

そしてRohanは再び家族を一つにしようと行動をします。。。

 

Rahul家滞在中にいくつかの感動シーンとすばらしいミュージックが入ります。

 

感動シーン① 兄弟の再開

Poojaの手ほどきで再開を果たしたRahulとRohan

この時点でRahulは目の前の青年がRohanだとは知りませんが、二人が握手する前の壁にはNandiniの写真があり二人を見つめているところが泣かせます。因みにRohanは半泣きです。


Brother From India - Movie Scene - Kabhi Khushi Kabhie Gham - Shahrukh, Kareena, Hrithik

 

感動シーン② RohanとSayeedaとの再会

Rohanの雰囲気に何かしら気が付いていたSayeedaはRohanが靴の紐をうまく結べないところで確信します。Rohanは幼少期から靴紐が自分で結べずSayeedaに結んでもらっていたのです。このシーンをAnjaliにも目撃され続けざまにバレます。

因みに自分が一番弱いシーンがこのシーン


A Very Emotional Scene - Hairthik Roshan - HD

 

感動シーン③ Rahulへのネタバレ

RahulとAnjaliの子Krishに学校の発表会で、Rohanは幼少期Rahulに言われた言葉をKrishに教えます。それを聞いたRahulはYashがRohanであることを知ります。

ここも感動シーンですがちょっと弱め。


Krish's Performance - Emotional Scene - Kabhi Khushi Kabhie Gham - Kajol, Shahrukh Khan

 

感動シーン④ 再会

終盤Rohanはうまい事いって両親をロンドンへ来させます。そこで偶然を装ってRahul/Anjaliを両親と再会させることに成功!

このシーンはFilmfare AwardsでBest Scene of the Yearを受賞しました。


London Visit - Emotional Scene - Kabhi Khushi Kabhie Gham - Shahrukh Khan, Amitabh Bachchan

Yashvardhanが落とした雑誌を拾ってあげながらさりげなくプラナームを行うAnjali..

それに満足して立ち去ろうとするAnjaliをRohanとPoojaが止めます。

ここから先に進まずして家族が一つになれないからですね。

この辺はKajolの演技がすばらしい。

ここで泣かない人は人ではない!

 

Cast

Shah Rukh Khan as Rahul Raichand

f:id:hirobkk:20190513002628j:plain

以外にも 今までシャールク作品は1本しか記事にしてませんでした。

hirobkk.hatenablog.com

今更いうことはないです。 

本作での演技も素晴らしく、ダンスシーンもシャールクらしさがでてます。

因みにRahulの幼少期を演じているのは( セリフなし)は実の息子Aryan。

女性陣との共演はこの映画の後も多いですが、Amitabh Bachchan,Hrithik Roshanとの共演は極めて少ない。特にHrithik Roshanとは特別出演を除くと本作のみです。

特筆すべきは結婚後一時半引退状態となるKajolと最後の共演(復帰後は多数共演あり)。

90年代のBest Jodiである二人の映画(90年代)をご紹介。

決して共演回数は多くないのですが、印象が強烈!

Dilwale Dulhania Le Jayenge【DDLJ】(1995)

Kuch Kuch Hota Hai(1998)

の2本はあまりにも大きい映画ですので別の機会で紹介。

 

Karan Arjun(1995)

年間No.2ヒット、上に居るのはDDLJですのでSRKの1,2

だったんですね。

f:id:hirobkk:20190513153855j:plain

二人の他Salman Khan共演。

素晴らしい映画であり、とにかく故Amrish Puriの悪ぶりがとんでもない。

監督はHrithikの父Rakesh Roshan,音楽は叔父Rajesh Roshan,若き日のHrithikはAssistant directorを務めてます。

 

Kajol as Anjali Sharma 

f:id:hirobkk:20190513002640j:plain

本作でのベスト俳優の一人でしょう。

Kajolの為に設定された役とも思え、彼女の魅力がふんだんに盛り込まれています。

本名:旧Kajol Mukerji-本作でも共演しているRani Mukerjiとは従妹同士

        現Kajol Devgan-当然ご主人はAjay Devgan(下記を見ると解りますが普通の人間ではありません)です。

hirobkk.hatenablog.com

hirobkk.hatenablog.com

 本作以前、90年代のおすすめ作品を2本紹介

Gupt: The Hidden Truth(1997)

f:id:hirobkk:20190516105545j:plain

Boddy Deol主演の1997年の年間TOP6

共演はManisha Kiralaとその他曲者俳優大勢!

本作ではKajolは悪役を演じており、キャリア唯一の

Filmfare Award for Best Villain/最優秀悪役賞

を受賞してます。

 

Dil Kya Kare(1999)

f:id:hirobkk:20190516111028p:plain

今でもコンスタントに映画を製作し続けているDEVGAN FILMS(オーナーはもちろんAJAY)の第2弾作品。

Karan Johar作などの超大作を除けば個人的にKajolのベスト作品!

 

ここから下の方々も上の2名と同じくトップ中のトップ。

今回は短めに端折り別の作品で個人的詳細をあげていきます。

 

Hrithik Roshan as Rohan Raichand

f:id:hirobkk:20190513002655j:plain

とてもデヴュー2年目の演技ではありません。

若い時から父のアシスタントなどを経てそうとう勉強したことが想像できます。

またデヴュー作からそうですが、ダンスのレヴェルは当時のボリウッドでは群を抜いています。ここ10年ぐらいですといきなり踊れる俳優(Tiger ShroffやRanbir Kapoorなど)もでてくるようになりましたが、当時は間違いなくボリウッドのベストダンサーでしょう。

Ek Pal Ka Jeena from Kaho Naa Pyaar Hai(2000)


Ek Pal Ka Jeena Ek Pal Ka Full Song (Kaho Na Pyar Hai)Hd720p(Ashraf Rahmani)

今や伝説となるLucky Aliが歌うこのナンバー

これ新人がする踊りでしょうか!

最近は年に1作程度の出演で、あまりHITにも恵まれてません。

 

Kareena Kapoor as Pooja "Poo" Sharma

f:id:hirobkk:20190513002706j:plain

本作は正にはまり役でした。

ほぼ地で演技をしていたのではないでしょうか。

ダンスクオリティも高く流石Raj Kapoorの一族です。

現Saif Ali Khan婦人。

結婚後もコンスタントに映画に出続けてましたが、

さすがに出産後出演ペースがおちました。

hirobkk.hatenablog.com

 

Amitabh Bachchan as Yashvardhan "Yash" Raichand

f:id:hirobkk:20190513002717j:plain

説明不要!

もはや外国人が語れる存在ではありません。

本作公開時で59歳。

過去作品の3分の1も見れていないので自分に語る資格はありません。

現在78歳、バリバリの現役です!

若い時はあまりノリノリのダンス音楽など踊ってなかったような(たいしてみてないけど)気がしますが、本作以降チョイチョイ踊ってますね。

Jhoom from Jhoom Barabar Jhoom(2007)

当時65歳!この映画での出番はオープニングクレジットのこの曲だけでしたが、完全に本編を食ってしまう存在感!
Jhoom - Full Song | Jhoom Barabar Jhoom | Amitabh Bachchan | Shankar Mahadevan

 

Rock N RoLL Soniye from Kabhi Alvida Naa Kehna(2006)


KANK | Amitabh Bachchan | Shahrukh Khan | Rani | Kajol | Abhishek | Preity

親子でノリノリ、Abhishekがかなり調子に乗ってるんですよねえ。。

【Dhoom2】でHritikhとかぶった時は気の毒でしたけど。。。。

因みにこの親子の身長はおなじ191cm...

 

Jaya Bachchan as Nandini Raichand

f:id:hirobkk:20190513002748j:plain

もちろんAmitabh Bachchan婦人で往年の名女優です。

本作ではFilmfare Awards/Best Supporting Actressを受賞。

 

その他のサブキャストも豪華!

Rani Mukerji as Naina Kapoor-前半のみの出演。Rahulに好きな女性ができるとあっさり身を引きます。
Farida Jalal as Sayeeda -作中重要な役をこなしてました。インド映画でお母さんと言ったら自分の場合はこの人。
Simone Singh as Rukhsaar-Sayeedaの娘役。最近はTVで活躍しているようです。かなりの美人ですが映画ではインパクトを残せませんでした。しいて言えば【Being Cyrus(2006)】です。
Alok Nath as Bauji Sharma-インドのお父さん役と言えばこの人、Amrish PuriやOm Puriとは違う優しいタイプね。

 

Music Scene

Music DirectorはJatin-Lalitの兄弟コンビ!!
90年代から2006年まで活躍しました。
2007年以降はJatin Panditのみで活動してますが大きなHITは" Dabangg(2010)くらい。

兄弟で残した功績の方が遥かに上回ってますね。

Dilwale Dulhania Le Jayenge(1995)
Kuch Kuch Hota Hai(1998)
Mohabbatein(2000)
Chalte Chalte(2003)

などなど。。

本作での音楽はどれも素晴らしいですが、当時からずっとインパクトを与え続けているのはこの3曲。

Bole Chudiyan


K3G - Bole Chudiyan Video | Amitabh, Shah Rukh, Kareena, Hrithik

Kavita K. Subramaniamの歌声が素晴らしい。

この曲のKareenaの振り付けを友人の娘(5歳くらい)がよくコピーして踊ってくれました。当然リアルタイムで見ていたわけではないのでどれだけこの映画が見られているかがわかりますね。まだDVD,YOU TUBEなどで繰り返し見られる時ではなかったのでTVだけで見てるんですよね。。

 

Say Shava Shava


K3G - Say Shava Shava Video | Amitabh Bachchan, Shah Rukh Khan

上述の通りAmitabh Bachchanのりのりのナンバー。

VocalもAmitabh Bachchan本人が歌ってます。

自分の誕生日にこんなセッティングをする親父がいたら楽しいでしょうなあ。

 

You Are My Soniya


K3G - You Are My Soniya | Kareena Kapoor, Hrithik Roshan

 これもHrithikのダンスナンバー!

ですが振り付けがEk Pal Ka Jeenaと似ています。。。

この曲も女の子に人気のナンバーで、

 DOR(2006)では砂漠に住む地味な女性が(Ayesha Takia)踊っています。

hirobkk.hatenablog.com

 音楽はほぼ100点満点!

当時最高のメンバーを集め、俳優陣とともにオールスターメンバーです。

タイトルトラックはレジェンド"Lata Mangeshkar"

メインはAlka YagnikとSonu Nigam

その他Udit Narayan, Sunidhi Chauhanも参加してます。

 

Location

 主にムンバイとロンドンで撮影。

驚く事に前半のAnjaliとSRKが出会うChandni Chowkのシーンはムンバイのスタジオセットです。

 

まとめ

 繰り返しますが素晴らしい映画で必見です。

それでも2001年のNo.1 Hitは【Gadar】が取ります。

愛国心(Gadar)が家族(K3G)をわずかに上回りました。

しかし2001年の主役はこの2本ではありません。

モンスタームービー【Lagaan】がこの年の主役!

hirobkk.hatenablog.com

 どれもいい映画ですが、個人的にはK3Gを選びます。

やはりテーマが古風でインド独自のエンターテイメント性があります。

現在この手の映画がつくられることはほとんどなくなってしまい寂しい限りですね。。。

つまるところ

この映画はなにがいいのか?

見ればわかる!

そういう映画です。

是非、ご鑑賞ください。。。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 

-Salaam-e-Ishq: A Tribute to Love/सलाम-ए-इश्क़ (2007)-

Bollywood No.018

Salaam-e-Ishq: A Tribute to Love/सलाम-ए-इश्क़ (2007)

f:id:hirobkk:20190127023801j:plain

女房は初鑑賞

Trailerを見た時にSalmanの雰囲気がよく、音楽もいい(担当はShankar-Ehsaan-Loyの3人)、監督はKal Ho Naa Ho(2003)以来の第2作目になるNikkhil Advani。

タイミングが悪くインドで見る時間が取れず、最初に見たのはインドにて友人が持っていた海賊版VCD。。。。 

テキトーに解説とCast

6組のカップルのオムニバス映画

当初は全く関連性のない6組でしたが、映画が進んでいくにつれ関わりがでてきます。

①Gia(Ayesha Takia)とShiven(Akshaye Khanna)

f:id:hirobkk:20190326194709j:plain

Shivenは友人のJuggy(Vishal Malhotra)からの問いかけをきっかけにGiaとの結婚を前にマリッジブルーに。。。。。

ひとまずGiaとの婚約を解消するためいろいろな手を打ち最終的にはJuggyが録画したビデオの記録を元にGiaと別れることができます。

しかし、心の中にあるGiaへの思いが残り、、、ぼうっと車を運転したところフラッと飛び出してきた通行人を撥ねてしまいます。

この通行人の女性と女性の夫を見てShivenはGiaとの事を後悔し行動にでます。。。

Akshaye Khanna as Shiven

f:id:hirobkk:20190329173555j:plain

父は名優Vinod Kanna(故人)、兄も俳優のRahul Kanna

初期の頃はあまり好きな俳優ではなかったので、作品もみてませんでした。

デヴューはHimalay Putra(1997)父:Vinod Kanna共演-未見です。

India-Pakistani War(1971)をベースとしたオールスターキャスト映画Border(1997)で一定の評価も受けました。

そしてTaal(1999)ではAishwariya Rai / Anil Kapoorと共演し映画はSuper Hit!

2001年最大のヒット作Dil Chanta Haiではついに Filmfare Awards Best Supporting Actorを受賞!単独主演ではないですが、これで完全にトップスターへいくはずなのですが、、、、低迷します。。。

Humraaz(2002)の評価は高かったですが、この後の作品ではパッとしません。

そして2007年にGandhi, My Father(2007)で久々に日の目を見ます。映画の質がよくガンディーのダメな長男がまさにはまり役でした。その間、36 China Town(2006)でもいい雰囲気のインスペクターをしてましたし本作での演技も悪くなかったと思います。しかしちょいちょいしょうもない役をやってしまうんですよね。

Naqaab(2007)はBobbyとのダブル主演!どちらもぱっとしない時期を数年過ごしこの2007年に蘇り、本作でも好演!

その後のAkshayeですが良くも悪くも安定した演技をしており個人的には比較的好きな俳優になりました。

 

Taal(1999)

f:id:hirobkk:20190330102047j:plain

役柄は非常に情けなく世間知らずのボンボンにも関わらず、最後はAishwariyaとハッピーになるという話。Anil Kapoorの好演、俳優デビュー前のShahid Kapoorがバックダンサーで出演してます。

インド在住時、Taalのロケ地が近所だったこともあり何度かロケ地には訪れています。

hirobkk.hatenablog.com

 

Aaja Nachle(2007)

f:id:hirobkk:20190330104544j:plain

Makhuri Dixitの復帰作(Devdas(2002)から5年振り)で共演。

出番はそれほど多くはなかったですが、比較的重要な役をこなしてます。

落ち着いた雰囲気のいい演技をしてました。すでに若手ではなかったですが、いい役者になってきたなと感じたのを思い出します。

 

Tees Maar Khan(2010)

f:id:hirobkk:20190330105107j:plain

どうしようもない映画でしょうもない役を披露。完全におバカに徹しており本当に真面目にやっているのかと思わせる演技ですが、何故か彼の演技が印象に残っているのです。この映画で真面目に演技をしているメイン俳優がいたのか?と思わせるできでありWアクシェイはただ遊びに来ただけでしょう。

 

Ayesha Takia as Gia

f:id:hirobkk:20190329173559j:plain

彼女は👇をご覧ください

achar.pssamphran.com

 

 ちなみにこの年(2007)は6作に出演。

 

②Rahul(Salman Khan)とKamini(Priyanka Chopra)

f:id:hirobkk:20190326194652j:plain

Karan Jhoharの映画にでる野望を持つアイテムガールのKaminiは注目を集める為、世間のイメージとは違い、実は一途な清純派で幼馴染のRahulというボーイフレンドがいると明かします。ところが仕事でロンドンに行く前の空港に突然Rahulを名乗る青年が現れます。。。このRahulはKaminiとマネージャーにある商談をもちかけ偽装カップルを続けることに。。。

Salman Khan as Rahul

f:id:hirobkk:20190330111126j:plain

恐らく本ブログ内で一番登場しているのがSalman Khan

achar.pssamphran.com

achar.pssamphran.com

achar.pssamphran.com 

achar.pssamphran.com

 

今回はこの映画の公開された2007前後に触れてみます。

 

1980年代後半から活躍を続けてきたSalmanにとって2006-2008年は低迷期といえます。Aishwariyaと破局した後には彼女と同じような女優を据えて映画を撮ったりとおかしな事をしておりました。

この時期は単独主演では難しかったのか主演級を数人引き連れて出演してました。それでもこの映画のSalmanは非常にかっこよくやはりSalman健在と思ったものです。興行的にはこのSalaam-e-IshqもズッコケたのですがSalmanがいる以上、鑑賞に値するでしょう。

因みに低迷といっても同年本作でも共演しているGovindaとのコメディは大ヒットしました。

Partner(2007)

f:id:hirobkk:20190330112601j:plain

 

Priyanka Chopra as Kamini

f:id:hirobkk:20190330113100j:plain

 彼女もこちら👇

achar.pssamphran.com

achar.pssamphran.com

現在では完全にトップ女優の地位にいますが、彼女の覚醒は翌年(2008)以降になります。

 

③Raju(Govinda)とStephanie(Shannon Esra)

f:id:hirobkk:20190326194702j:plain

婚約者を探しに来た外国人とローカルTAXIドライバーのお話し。

彼女に一目ぼれしてしまったTAXIドライバーが自分の気持ちを隠しながら彼女の目的を果たすために協力をしていきます。そして結末は予想通りに。。。

 

Govinda as Raju

f:id:hirobkk:20190330120936j:plain

調子のいいTAXIドライバーを好演。

やはりこのメンバーの中ではダンスでの表現力は別格です!

現在のBollywoodの中でダンスを得意とする俳優はかなり多くなってきましたが、依然としてGovindaの世界観を持ったダンスマスターはでてきておりません。

久しぶりにGovindaのダンスを見ましたが痺れますね。

本作では他の共演者とダンスでの絡みはありませんでしたが、上述のPartner(2007)でのダンスシーンはSalmanにはちょっと気の毒でした。二人で並んで踊るシーンが多くレベルの差が歴然でしたね。

2004-2008は議員活動と俳優業を両立させてましたが、撮影で議会を欠席するなどスケジュールに問題でて結局俳優業に専念することになります。


IIFA 2007 Salman Khan & his partner Govinda's performance in Yorkshire Part 8

 

相手のStephanieさんは全く知りません。

南アフリカの俳優兼歌手の方のようです。

 

④Ashutosh(John Abraham)とTehzeeb(Vidya Balan)

f:id:hirobkk:20190326194807j:plain

Ashutoshはヒンドゥー教徒でありながら、親の反対を押し切ってイスラム教徒のTehzeebと結婚をします。ある時Tehzeebが仕事の取材中に列車事故に遭い記憶をなくしてしまい、AshutoshはTehzeebの記憶を取り戻すべく奔走します。

そんな時、TehzeebがShivenの運転する車にひかれ。。。。

この偶然の出会いをきっかけにAshutoshとTehzeeb、そしてShivenの人生が進んでいきます。

 

John Abraham as Ashutosh

f:id:hirobkk:20190330132956j:plain

Johnはこちら👇

achar.pssamphran.com

 

背が高く、2枚目でありながら終始アホずらでシリアスな演技をしてました。

今作は全くダメでしたね。。。

 

Vidya Balan as Tehzeeb

f:id:hirobkk:20190330133008j:plain

この人も現在では大女優といっていい存在になりました。

ボリウッドデビューしてまだ2年しか経っていないキャリアで出演。

小休止といったところでしょうか?特筆するような演技はしておりませんでしたが、この後一気にトップ女優に登り詰めます。

Parineeta(2005)

f:id:hirobkk:20190331002204j:plain

Bollywoodデビュー作

この映画なくしてVidya Balanは語れない。必見です!

作品もよかったですが、いきなり素晴らしい演技していました。

原作は1914年 Sarat Chandra Chattopadhyayによって書かれています。

もちろんインドではDevdasの作者としても有名です。

ISHQIYA(2010)

f:id:hirobkk:20190331002442j:plain

ポスターをみてもわかるように癖のある二人(Naseeruddin Shah、Arshad Warsi)との共演。とにかくVidyaが色っぽい。
 

⑤Ramdayal(Sohail Khan)とPhoolwati(Isha Koppikar)

f:id:hirobkk:20190326194657j:plain

特に語るべきものはナシ。

なぜこのストーリーが映画に必要だったのか?未だにナゾです。

 

Isha Koppikar as Phoolwati

f:id:hirobkk:20190331004645j:plain

当時好きな女優の一人でしたが、本作では完全にSohailワールドに付き合わされてしまいました。共演者をみるとこの辺の位置づけなんですかね。。。

2009年にホテル経営者と結婚し現在は半引退。。。

因みに彼女はテコンドーで黒帯を持っており36 China Town(2006)のダンスシーンでちょこっと片鱗を見られます。


www.youtube.com

 

 

Ek Vivaah... Aisa Bhi(2009)

f:id:hirobkk:20190331005639j:plain

運のいいことにインド在住時に唯一といっていいIsha主演映画を観ることができました。Hitはしませんでしたが、なんか好きな映画なんですよね。

Nov'2007 NEW RIALTO at Amritsal にて

f:id:hirobkk:20190331114701j:plain

ここはお気に入りの映画館で何度も通いました。

当時一番安いチケットはコンクリートの地べた座りで、シートはちょっと高い。

 

Sohail Khan as Ramdayal

f:id:hirobkk:20190331120130j:plain

Salmanの5つ下の弟。

俳優、プロデューサー、脚本、監督をこなします。

Maine Pyaar Kyun Kiya?(2005)でコメディ俳優として独特の世界を披露。その後のコメディシーンもそれ一辺倒で本作ではIshaを巻き込みます。

しかし近年演じたTubelightではしっかりと演技ができるところも見せてくれました。 

hirobkk.hatenablog.com

 

Seema(Juhi Chawla)とVinay(Anil Kapoor)

f:id:hirobkk:20190326194716j:plain

結構時間を使っていましたが、ストーリーとしてはとても弱くこれも必要だったのかなあ?と感じてしまいました。

Anil Kapoor as Vinay

f:id:hirobkk:20190331122504j:plain

Raceで1度登場してます。

achar.pssamphran.comAnil Kapoorについてはもっといい役の時に書きたいですね。

因みにこの映画の翌年にSlumdog Millionaire(2008)に出演します。

 

Juhi Chawla as Seema

f:id:hirobkk:20190331122510j:plain

Anil Kapoor同様往年のトップスターですが、今回の演技ですが常に難しい顔をしており彼女の魅力が出ていませんでした。

結婚する前(1995年に実業家のJay Mehtaと結婚)はSRKとの共演が多く90年代を代表するฺBest Jodiでした。

演技以外のところでは夫のMehta氏、SRKと共に自分が応援しているKolkata Night Ridersの共同オーナーを務めてます。
 

そして監督さん

Nikkhil Advani

Kuch Kuch Hota Hai(1998)

Mohabbatein(2000)

Kabhi Khushi Kabhie Gham...(2001)

と3本でKaran Joharの助手を務め、満を持してKal Ho Naa Ho(2003)で監督デヴュー。

しかしKal Ho Naa Hoはどう見てもKranの映画であり実質今作が監督デヴューといってもいいでしょう。

本作も含め脚本も書くのですがどうも今のところ映画をヒットさせることができません。自分が好きなタイプの映画をつくるんですがパッとしませんね。。

多分センスはいいんだけど監督としての才能がないのかもしれませんね。

あっ忘れてました。

D-Dayは良かったです。彼にしては珍しくアクションスリラー見たいな映画です。

D-DAY(2013)

f:id:hirobkk:20190331222723j:plain

 

Music Scene

音楽は監督の1作目と同じShankar-Ehsaan-Loy。

流石です。

全体的にバランスよく、特に下記2曲は秀逸!

 

Ya Rabba


Ya Rabba (Full Song) Film - Salaam-E-Ishq

Kailash Kherが歌うバラード。

 

Title Song


Salaam-E-Ishq (Full Song) Film - Salaam-E-Ishq

この曲のGovindaのダンスは一つ抜けたレベルで踊ってます。

構成もよくShankar-Ehsaan-Loyっぽい仕事ですね。

 

Location 

Mumbai、Delhi近郊、Rishikesh、Londonで撮影されていたようですが、6ストーリー  あるのでインド国内で他の地域でも撮影されているかもしれません。

 

総 評

 流石に6つのストーリーをうまくつないで映画をつくるのはむずかしいと感じました。

どうしてもいくつかのストーリーは雑になり必要性を感じなくさせます。

それでも監督のもつオシャレな雰囲気がよくでておりヒットはしませんでしたが個人的には好きな映画で楽しめました。

女房もそれなりに楽しんだようでしばらくは鼻歌で

「サラ~ム イシュク イシュク イシュク サラ~ム イシュク~ 」なんて口ずさんでます。

 

 今回のDVDはT-series発売した、激安DVD。一応オリジナルです。

f:id:hirobkk:20190331230707j:plain

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

Preity Zinta(プリーティ・ズィンター)

Bollywood Star file.4

Preity Zinta

ヒマーチャルプラデーシュ州、Simla出身。

なんと本年で46歳を迎えます。

f:id:hirobkk:20200917105628j:plain

女優編の第一回はRani Mukerjiでした、RaniとくればやはりPrietyです。

同年代で同時期にトップ女優として活躍し共演作も多数。

 

出身地のSimlaですが、現在ヒマーチャルプラデーシュ州の州都。

古くはイギリス統治下の夏の首都として発展しました。

チベットにとって重要な会議が行われた場所として有名

Simla Convention(1914) 辛亥革命で清国が消滅したのを機にイギリスはチベットを支配、モンゴルに亡命していたダライ・ラマ13世をラサに戻し利用しようと企んだ後、チベットを独立させるため中華民国、イギリス、チベットの間で行われた会議。中華民国は調印を拒否もイギリスはチベットとインドの間に国境線を作ってしまいます、これが有名な『マクマホンライン』。当然中国はこのラインを認めておらず、こいつのおかげで中印国境紛争などが勃発してます。最近では2020年6月にも国境紛争が起こっており、およそ100年前に他国の私欲で決められた国境線で未だに大勢の方が亡くなっているのです。。。

2017に公開されたこの映画もマクマホンラインが関連してます。

hirobkk.hatenablog.com

因みにPreityの父と兄は軍人さん。

 

このSimlaですが、1996年の12月に1度だけ訪れた事があり、流石に大英帝国時代の首都、コロニアル調の立派な建物が多く残っている綺麗な街でした。

経歴

Simla在住時は修道院で学び大学もミッション系の学校でしたが、彼女は宗教/カーストについては全く信じていないと言ってます。その為寺院にも行かずお祈りもしません。

大学では英語の優等学位を取得した後→心理学→犯罪心理学と学んでいきます。

因みに彼女が学んだSt. Bede's College(女学院)は、Dev Anandの奥さんであるKalpana Kartikも学んだ学校。

1996年に友人の誕生日パーティーで出会ったTVデレクターにスカウトされコマーシャルに出たのが最初の仕事。

TV関係者が来るようなパーティですから交友関係もエリートクラスだったんでしょうね。

なんと当時のCMでてきました!


Cadburys Perk Ad Preity Zinta

 

ボリウッドデヴュー

友人のオーディションに同行した際、Shekhar Kapur(イギリス映画『Elizabeth(1998)』監督)にスカウトされる。当初、彼の作品でHrithik Roshanと共演予定でしたが→キャンセル。

しかしShekhar Kapurは自信が共同プロデューサーを務めるMani Ratnam監督作に彼女を推薦し出演が決定しました。

Shekhar Kapurとは一時関係が噂されてましたが( 年齢差29歳)、Preityは否定してます。10数年前でしょうか、、、TVのドッキリでShakti Kapoorがセクシードッキリにひっかかってうっかり「RaniやPrietyだって女優になる為にいろいろなことをやってきてるんだ!」と口にして問題になったことがあります。Shakti Kapoorはこの辺のことを指摘していたのでしょうね。

その後Preityは今後Shakti Kapoorとの共演拒否宣言をしてましたね。

このようないきさつから映画デヴュー!post productionがあり実際の演技としては3作目にあたりますが初公開作は

『Dil Se..(1998)』

f:id:hirobkk:20200917130938j:plain

日本でも公開されているので見たことがある方も多いでしょう。残念ながらこの作品はShahrukh KhanとManisha Koiralaの映画でありPreityには見せ場はなく、ボリウッド史に残るミュージックナンバー『Chaiyya Chaiyya』にもPreityの登場シーンはなし。


www.youtube.com

Sukhwinder兄貴の歌声がマッチしておりまさに名曲!

 

しかし同年、彼女をメジャーにした映画がこの作品

『Soldier(1998)』

f:id:hirobkk:20200917132147j:plain

SRK共演の後にBobby Deolと若干格落ち感がありますが、堂々の初主演!

Dil seがフロップに終わったのに対して年間No.2ヒットを飛ばします。

この2本の活躍でFilmfare Award for Best Female Debut(新人女優賞)を受賞。

 

2000年にはすでに1997年に撮り終えていた『Kya Kehna(2000)』が公開。

タブーとされている婚前交渉をテーマにしており、ヒロインを妊娠させるプレイボーイをSaif Ali Khanが演じてますが当時はハマリ役でした。しかもこの映画の5年後にもこのコンビで似たような事してます。。この作品で早くも(実質デビュー作)Filmfare Award for Best Actressにノミネート。

f:id:hirobkk:20200917154632j:plain

 

絶頂期

2000年代前半、順調にキャリアを重ね出演作のほとんどがヒットします。

そして2003年・・・

Prietyのキャリアを代表する2作が公開

『Koi... Mil Gaya』、『Kal Ho Naa Ho』
f:id:hirobkk:20200917155204j:plain
f:id:hirobkk:20200917155208j:plain

2003年の年間No1(Koi Mil Gaya)とNo2(Kal Ho Naa Ho)に主演。

Filmfare Awardの主要部門も全てこの2作品で埋めてしまいました。

因みに年間No3の『The Hero: Love Story of a Spy』にも出演してます。

個人的にはKoi Mil Gayaの評価は高くないんですよね。。。この後に続くKrrishシリーズも。。。

Kal Ho Naa Hoでの演技はPrietyのキャリアベストの一つと言えるでしょう。こちらも日本で公開されました。特に音楽の出来がよく、当時インドではかかりまくってました。

 

続く2004年もプリティの時代。。。

Kal Ho Naa Hoに続いてSRKとコンビを組んだ『Veer-Zaara(2004)』

こちらも素晴らしい作品であり涙なしには見られません!

休養から現在

その後もメジャー作品への出演は続いて行きますが、

2007年途中から娯楽作での出演は特別出演のみでまともな演技はアート系のThe Last Lear(2007)、Heaven on Earth(2008)のみ。

そしてMain Aurr Mrs Khanna(2009)の特別出演を最後に女優業は休養。。。

 

2013年、久しぶりにPrietyがクレジットされていたので満を持して観た『Ishkq in Paris(2013)』は完全にずっこけました。Prietyは共同でプロデュースと脚本もやっているのでこういう映画をやりたかったんでしょうね。。

個人的にはEthan Hawke、Julie Delpy主演『Before Sunrise(1995)』のような映画に見えました。

 

現在、新作映画のアナウンスはありませんが2020にアメリカのTVシリーズに出演してます。邦題『フアン家のアメリカ開拓記』というシリーズのスピンオフ版との事です。

 

ボリウッドはこのまま引退ですかね。。。

 

Preity Zinta 意外と楽しめる作品3本!

メジャー作品はSoldierのレビューで紹介してますので、メジャー作でPreityが気になった方が次に見る作品3本を紹介

Dil Hai Tumhaara(2002)

f:id:hirobkk:20200917182907j:plain

興行はズッコケましたが、なかなか隠れた良作です。

真面目に作っておりますが、いろいろとツッコミどころ満載のロマンティックドラマ。

結婚式の最中に花嫁が変わりそのままハッピーエンディングと90年代2000年代前半の必殺技を使ってます。

怒ると異常に怖い顔になるMahima Chaudhryは美しく、今は貫禄十分も若き日のArjun Rampal, Jimmy Sheirgillがメインキャストを務めます。

Preityは義姉の幸せを望む妹役を好演、本作のように他人の幸せを望み自分の欲を隠す役はこの時期のPreityの得意技でした。

 

Jhoom Barabar Jhoom(2007)

f:id:hirobkk:20200917184344j:plain

はっきりいってみる必要のない金の掛けた駄作ですが、友人の「Bobby Deolが金髪なんだよ!」に釣られて見てしまいました。

ダンスコンテストを絡めた恋愛モノなのですが、コンセプト、脚本と全くイケてません!、過去にあまりない雰囲気の映画であり俳優陣の演技も悪くありません。

この映画を特筆するところは音楽と特別出演のAmitabh Bachchanである事に間違いありません。


Jhoom - Full Song | Jhoom Barabar Jhoom | Amitabh Bachchan | Shankar Mahadevan

 

Jaan-E-Mann(2006)

f:id:hirobkk:20200917185706j:plain

Mission Kashmir(2000)Salaam Namaste(2005)など他に楽しめる作品はありますが、思い入れのある作品なので3本目はコレ。

実はこの作品日本公開されています。1日だけ。。

現地公開から2日遅れて東京・科学技術館サイエンスホールにて公開されました。

自分も公開の手伝いを少しだけしたので未だに思い入れがあります。

実質動いたのは六本木にあるインド料理店のMr.R

このR君ですが、公開終了後に劇場で「次回2回目の上映はHrithik Roshan出演のDhoom2 だあ!」と在日インド人を熱狂させたのですが、数週間後に「俳優になりたい!」と言い出しインドに帰国してしまったのです。インドから映画を持ってくる際にいろんなつながりができたようでチャンスがある!と考えたんですね。

因みにR君はスタイルもよく、マスクも良いです。しいていえば当時はただの素人なのでオーラがない・・・。

 

内容ですがMujhse Shaadi Karogiに似たような作品。

hirobkk.hatenablog.com

人生がなかなかうまくいかないSalman Khanを幼馴染で十数年ぶりに会うAkshay Kumarがサポートする。。ヒロインがPriyanka ChopraからPreityに変わっただけですね。

 

関係者だからこそ手に入るNGEからいただいた映画のオフィシャルポスターは未だに日本の自宅に飾ってあります。

 

総評

今思えばピーク期が短かったですね。。

当時の共演者達との相性も悪くなく、彼女自身にも華がありました。

しいていえば、キャリア中期くらいまで(2003年頃)の泣く演技があまりにも子供っぽっく、Kal Ho Naa Hoなど一応大人のロマンスにあれをやられると気になりますね。Veer-ZaaraやKya Khenaのようなちょっと幼い設定の場合はいいんですけどね。。。

Kabhi Alvida Naa Kehna(2006)あたりから大人の雰囲気を出した演技も出してきて、凄くよくなってきたな~と思っていたところにキャリアを方向転換して映画出演はほとんどなくなってしまいました。

出演39作中 23作は鑑賞済、未見の作品がまだまだ多い。。。

チャンスがあったらまだ数本は見たいと思いますが、未見の作品で興味の沸く作品があまりない。。

しいていえば

Dil Ne Jise Apna Kahaa(2004)

f:id:hirobkk:20200918180631j:plain

Salman Khan , Bhumika Chawla 共演、

アメリカ映画『Return to Me(2000)』のリメイク版

とても名作の雰囲気はありませんがツッコミところが多そうで楽しめそうです!

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

.にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

-Dostana/दोस्ताना (2008)-

Bollywood No.017

Dostana (2018) 

f:id:hirobkk:20181201150416j:plain

自宅にてDVD鑑賞

女房は初鑑賞

 

自分はインド在住時Amritsarの" Adarsh Cinema "で鑑賞してます。

f:id:hirobkk:20181207012200j:plain

f:id:hirobkk:20181207012203j:plain

 

Yash Raj FilmsとDharma Productionsによって公開前からかなり宣伝をしておりキャスティングもなかなか魅力てきで期待度は高い!

f:id:hirobkk:20181207012216j:plain

アムリトサル市内の看板

f:id:hirobkk:20181207012219j:plain

TVでのプロモーションもかなり行われており、公開前にミュージックビデオがかかりまくってましたね。

自分も公開前に珍しくCDの正規版を購入しました。普段CDを買う事はまずないのですが、プロモーションに引っかかってしまった。。すり込み効果はすごいです。。

テキトーに解説

二人のプレイボーイが異国に滞在するため(滞在許可証を得る為)にゲイのカップルになりすますコメディ映画。

映画のテーマは題名どおりFriendship(Dostana)なんですが、あまり重きを置いておらず非常に軽い映画です。

ここにゲイを持ってくるところ。。。Karan Jhoharが絡んでいることをプンプン匂わせますね。

1980年公開の同名作がありますが、あちらはコメディ色はありません。もう少し男臭くてアクションが入ります。

f:id:hirobkk:20210607163539j:plain

この2作、ストーリーに繋がりはありませんが、

1980年版のプロデューサーはYash Johar で主演はAmitabh Bachchan

2008年版はプロデューサーはKaran Johar で主演はAbhishek Bachchan

とともに息子が担当。

ヒロインのZeenat Aman(1980年)とPriyanka Chopra(2008)はともにモデルでミスコン受賞者といった共通点があります。

 

Cast

Abhishek Bachchan as Sameer "Sam" Kapoor

f:id:hirobkk:20190124223543j:plain

 ちょっと演技が嘘くさいですが、なかなか良かったですね。

この辺りからマルチ俳優?としての才能を見せ始めます。そもそも演技はそれほどうまくないと思うんですよね。。。演技はたいしたことないがいい役者というか。。。

デビューしてからの数年はこれでもかっ!てくらい二枚目を演じようとします。

両親が偉大だとおかしなスタートをきれないんでしょう。。。

デビュー作は髭面....同年デビューのHrithik Roshanとはえらい違い!

どちらもヒロインと共に同時にデビュー

 

f:id:hirobkk:20190124225837j:plain
f:id:hirobkk:20190124225833j:plain

左はAbhiとKareena Kapoorの【Refugee/2000】

右はHrithikとAmeesha Patelの【Kaho Naa Pyaar Hai/2000】

まあここでモンスタームービー(Kaho Naa Pyaar Haiはスーパーヒット)と被ったとこでツイてないんですよね。。。

 

仕事はあるんで毎年4~5本に出演しますがパッとしません。ダンスのセンスも感じられないのに本人はうまくやってる!と勘違いをしています。

この時期の映画では【Mumbai Se Aaya Mera Dost(2003)】なんかは好きですが彼の評価は上がりません。

しかし2004年に転機を迎えます!

本作と同じくJohn 共演の【DHOOM(2003)】がヒット

主題歌をタイ人シンガーのTata Youngが歌い話題になりました。

同年リリースの【YUVA】での演技も評価されついに賞👇までとっちゃいます。

Filmfare Award for Best Supporting Actor

 

この年を期にコメディとドラマを両方こなせる俳優として一流の仲間入りをします。

現在はあまり単独で大きな役をやっていないようでのんびりやってますね。。。

 

一応大物俳優なのでおすすめを2本紹介。

やはりAbhiといえばコレです。

【Delhi-6(2009)】

f:id:hirobkk:20190124232406j:plain

近年、Delhiを舞台にした映画では最高の作品です。

なんといってもキャスティングがすばらしい。

 

【Bluffmaster!(2005)】

f:id:hirobkk:20190124232552j:plain

Priyanka共演のコメディ

Abhi主演のコメディ作品としてはNo.1でしょう。


2017は出演なし、2018年も1本

2020年にはKahaani(2012)のスピンオフ作品Bob Biswas(2020)がアナウンスされました。

KahaaniでSaswata Chatterjeeが演じた怪しい殺し屋Bob Biswasのストーリー。ちょっと面白そうなんですが上手くいけば今年の8月頃に公開されるようです。

 

John Abraham as Kunal Chopra

f:id:hirobkk:20190124223539j:plain

まさにJohn Abrahamといった役でした。

モデルを経て2003年に【JISM】でデビュー!

見た目で俳優を続けるのかと思いきや、キャリア初めから良作に出演してしっかりとした演技を見せます。

Akshay Kumar共演のGaram Masala(2005)ではコメディ作に出演しその後も頻繁にコメディ映画に出てます。

最近は出演作も年に1,2本と絞ってきましたが、1,5流辺りで順調にキャリアを続けてます。

Johnの3本

【Water (2005)】インド/カナダ合作

f:id:hirobkk:20190125002727j:plain

Deepa Mehta監督、Elements trilogyの最終作

脚本はなんと若き日のAnurag Kashyapです。

名女優Seema Biswasとの共演ですのでJohnは大抜擢と言っていいでしょう。

 

【No Smoking (2007)】

f:id:hirobkk:20190125003512j:plain

監督、脚本Anurag Kashyap

とにかくJohnがかっこいい!

 DorのAyesha Takia共演  

achar.pssamphran.com

 

【ROCKY HANDSOME(2016)】

f:id:hirobkk:20190127011713j:plain

何故か先ほどタイのケーブルTVでやってました。タイ語吹き替え字幕なし。。。

タイトルはふざけてますが、Johnがなかなか良かったです。

どうも韓国映画のパクリものらしいですな。。。

 

Priyanka Chopra as Neha Melwani

f:id:hirobkk:20181212143056j:plain

2007年まではまだ映画のお飾りのような感じでしたが2008年でようやく演技、ダンスが認められます。2008年にPriyanka出演作を4本インドでみましたがダンスがうまくなったなあと感じ、Fashonではいい演技をするようになってました。

近年はアメリカのシリーズに重きを置き、ついにアメリカ(カナダ?)の歌手と結婚してしまいましたね。

 2019年はFarhan Akhtar共演の【The Sky Is Pink】に出演

 

Bobby Deol as Abhimanyu "Abhi" Singh 

f:id:hirobkk:20181214232139j:plain

さあ!

来ました!Bobby!

hirobkk.hatenablog.com

映画中盤から登場!

KunalとSamに操られる人のいい役ですが、終盤二人(Kunal&Sam)のキスシーンでは得意のアホ面がでてました。

今回はダンスなどもなくBobbyにしては落ち着いた演技でしたね。

  

Music Scene

音楽プロデューサーはVishal–Shekharのコンビ!

彼ららしいノリのいい音楽が集約されてます。

冒頭にも書きましたが、とにかくTVのプロモが凄くTVと購入したCDで映画を観る前に音楽は網羅してました。

公開前のプロモでは👇がかかりまくっており

【Maa Da Laadla】


Dostana - Maa Da Laadla Video | Priyanka Chopra, Abhishek, John

このバージョンよりエンドロールで流れる3人のダンスVIDEOの方が有名。

公開後はこちら👇がヒット

【Desi Girl】


Dostana - Desi Girl Video | Priyanka Chopra, Abhishek, John

この音楽でPriyankaは"Desi Girl(インド女子みたいな意味でしょうか)"の称号がつきました。2011年にはJohnとAkshay主演で"Desi Boyz"なる映画もつくられました。

f:id:hirobkk:20190127021056j:plain

こちらはおバカ映画でなかなか面白いです。 

 

まとめ

何故かAbhiの演技に対しての評価が高く、各賞にノミネート。

受賞はIIFAでのコミックロールとScreen AwardでJohnとのBest Jodi

Karan Joharが自らをミューチャーしたようなテーマを持ってきて製作した映画のように感じました。ダンス、音楽、キャストは素晴らしく見ていて眠くなるようなことはないでしょう。

かる~い感じで楽しく見れました。

 

オリジナルCDとDVD

f:id:hirobkk:20190124222010j:plain
f:id:hirobkk:20190124222006j:plain

f:id:hirobkk:20190124222014j:plain

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村